小松菜のレシピ

小松菜の下ごしらえ


調理前にしばらく水につけておくと、葉先まで水分がいきわたり、加熱したときにきれいに仕上がります。

  1. 茹でる場合は、根元~茎の部分を15秒ほど長く茹でます。
  2. 炒める場合、根元~茎を先に炒めて、表面が透き通ってきてから葉を加えて炒めると、火の通りが均一になります。
  3. 電子レンジで加熱する場合は、2~3株ずつ向きを交互にラップに包み、100gあたり500wで1分20秒を目安に加熱します。

 

 

 

 

 

 

小松菜雑学

小松菜という名前。実は江戸幕府第8代将軍徳川吉宗が名付けたのです。東京にある香取神社に来たときに食べた野草を気に入ったそうですが、当時はまだ名前が付いていませんでした。そこで、当時の地名「小松川」から名前を付けたとされています。

ほうれん草のレシピ一覧へ

チンゲン菜のレシピ一覧へ

「直営農場パルグリーンファーム」へ戻る