受付終了

  • 産直交流
  • 北総

ちば緑耕舎(印旛郡)連続米作り体験「生き物とふれあう田んぼ体験」第3回:稲刈り

千葉県内の産直産地「ちば緑耕舎」で年間を通して田植え・草とり・稲刈り、そして年末のおもちつきまでを体験します。日本の稲作文化を学び、お米ができるまでを肌で感じることのできる連続企画です。

内容

千葉県の北部、利根川と印旛沼に囲まれた地域で「コシヒカリ」を生産するちば緑耕舎。北総台地の肥沃な大地と穏やかな気候に恵まれ、丹精こめて育てたお米はとてもおいしいと評判です。薄蒔き、疎植、深水、米ぬか、紙マルチetc・・・

    技術と経験を駆使して「エコ・チャレンジ米」「コア・フード米」を生産しています。

    生きもの調査の結果から、減農薬によって増えたイトミミズが田んぼに良い影響を与えていることもわかりました。生態系を守るための米作りに取り組んでいる「ちば緑耕舎」の田んぼには小さな命がいっぱい。「環境」は「食卓」へとつながっています。生きものとふれあい、田んぼ体験をしながら、そのつながりを実感してみませんか。

    • 5月:田植え

    • 5月:生き物観察

    • 5月:生き物観察

    • 6月:草とり

    • 9月:稲とかかし

    • 12月:もちつき

    開催日程 2023/5/6 (土) 10:00~13:30 田植え・生き物観察
    2023/6/10 (土) 10:00~13:30 草とり・かかし作り
    2023/9/9 (土) 10:00~13:30 稲刈り・生き物観察
    2023/12/16 (土) 10:00~13:30 もちつき・お供え作り
    開催回数 全4回
    会場名 ちば緑耕舎(現地集合・解散)
    会場住所 印旛郡栄町和田字下耕地114-30
    定員 15世帯
    参加費 ※(A)と(B)の合算になります。
    (A)中学生以上 1回500円/3歳以上 1回300円
    (B)初回のみ 1世帯5,000円
        ・田んぼ管理料
        ・交流米5㎏
        ・お供え餅等材料費
    ※各回開催後にパルシステムご利用代金といっしょに引き落としします。
    申し込み
    〆切日
    4/24(月)正午
    ※4/26(水)までに、お申し込みの方全員に当落結果をお知らせします。
    申し込み/
    お問い合わせ
    組合員・産直・コミュニティ活動推進部
    TEL:047-420-2605 
    メール palchiba-kikaku@pal.or.jp