受付終了

  • 産直交流
  • 東葛

~公開確認会とは?基礎から学ぶカンタン講座~公開確認会基礎学習会

産地を見るポイントや用語など学んで公開確認会に参加しよう!

内容

パルシステムの産直が大切にしているのは「つくる人」と「食べる人」が理解しあい分かち合える関係を築くこと。【公開確認会】は「自分の口に入るものはまず自分の目で確かめたい」との組合員の声で始まりました。直接現場を見ることで産地の努力や農業の理解を深める場にもなっています。基礎学習会は「公開確認会」で産地を見るポイントや用語など基礎から学ぶカンタン講座です!

    ◆内 容

    • 監査の基礎を学ぶ 講師:有限会社リーファース 
    • 商品の流れと、帳票類について基礎を学ぶ 講師:パルシステム連合会産直推進課 
    • 産直や公開確認会について講師・事務局を交え、質疑を通じて内容を深める。

     

    公開確認会とは

    「公開確認会」は「自分の口に入るものはまず自分の目で確かめたい」との組合員の声で始まりました。消費者である組合員が産地を訪れ、農畜産物の生産方法や安全性への取り組みを直接確認するパルシステム独自のシステムです。公開確認会では組合員が「監査人」という立場で参加し、その産地の栽培の記録や書類の整備、栽培のこだわりなど、生産者の日ごろの努力を組合員自身が確認する役目を担います。今年度は県内産地「和郷園」の公開確認会を実施します。産地の努力や農業の理解を深める場にもなっていますので、ぜひご参加ください。

    公開確認会に参加するには

    【一般参加】興味のある方は公開確認会に参加できますが、「基礎学習会」の受講が必要です。基礎学習会では、産地を見るためのポイントや基礎用語、質問の仕方などを学びます。さらに【監査人】となって参加するためには「事前学習会」への参加が必要で、公開確認会の前に、それぞれの産地ごとに開催されます。事前学習会は「基礎学習会」を受講した方にご案内しています。

     

    公開確認会が予定されている産地「和郷園」(香取市)

    千葉県の北総台地の広がる香取郡山田町を中心として、東の銚子方面や旭市、干潟町など旭地区の3つの代表的地区をエリアにしています。和郷園の本部がある山田町は北総台地の肥えた土壌で、どんな作物でもできることから、根菜類を主体とした土地利用型農業が盛んで、労働力を機械化できる作物を早くから導入した地域です。主な生産物はきゅうり、トマト、なす、大和芋、ほうれん草、小松菜、大根、サンチュなど。

    開催日程 2023/11/8 (水) 10:30 〜 12:30
    会場名 パルひろば☆おおたかの森
    会場住所 流山市おおたかの森東1-3-1 Pratique Vert(プラティークヴェール)1F
    パルひろば☆おおたかの森MAP
    アクセス つくばエクスプレス「流山おおたかの森」駅 徒歩3分
    定員 30名
    参加費 無料
    保育 保育あり
    5名まで(1人500円※チーパス提示で200円)
    対象:生後4カ月以上のお子さん
    申し込み
    〆切日
    10/31(火)
    ※お申し込みの方全員に11/3(金・祝)までに当落結果をお知らせします。
    申し込み/
    お問い合わせ
    組合員・産直・コミュニティ活動推進部 
    TEL:047-420-2605(月~金 9:00~17:00)
    メール palchiba-kikaku@pal.or.jp