地域との協同

地域の子育てを応援し、お年寄りを見守り、災害からくらしを守る――“安全・安心”を千葉に広げていくために、パルシステム千葉は地域のさまざまなネットワークと連携して、”くらし”の課題解決に取り組んでいます。

パルシステムの被災地復興支援

東日本大震災発生時には、組合員と共に被災地や被災した生産者への募金活動に取り組みました。また多くの職員が被災地での復興支援活動にボランティアとして参加し、共済給付のための訪問活動も実施しました。

2019年9月と10月に台風災害に遭われた組合員を対象に、お見舞メッセージとフリーズドライスープ5,500名分の配布を行ったほか、フードバンクちばを通して南房総市へ食材提供、千葉県ボランティアセンターへ飲料・お菓子の支援物資を行いました。また、館山市からの要請を受けて、台風により被災した学校給食センターへ給食用食品を無償提供しました。

災害時における地域との連携

パルシステム千葉は、各自治体と災害時における生活物資の供給などに関する協定を結んでいます。(船橋市・野田市・柏市・流山市・松戸市)災害発生時は、協定に基づき自治体からの要請に対して救援物資調達や物資搬送を行います。また、有事の際に備え船橋市と防災MCA無線機器などの設置のほか、九都県市で開催される合同防災訓練などにも参加しています。

地域住民や行政との連携

地域住民や行政と連携して介護予防体操や多世代交流を実施しています。野田市では、のだ中根店にて「シルバーリハビリ体操」を定期開催し、地域にお住まいの方々の介護予防・交流の場となっています。習志野市では、2018年よりシルバー世代を対象とした「パル習志野笑学校(しょうがっこう)」をスタートさせ、介護予防・認知症予防体操を展開しています。また、子育て世代の支援として、夏休み等を利用し、地域に暮らす小学生の居場所作りを目的とした学習支援プログラムなども実施しています。

子ども110番

県内生協とともに「子ども110番」の取り組みを通じて地域の見守り活動を行っています。事業所や車両にステッカーを貼り、子どもや高齢者が安心して暮らせる地域社会づくりに貢献します。

高齢者見守り協定

各行政と「高齢者見守り協定」の締結をすすめています。定期的に商品をお届けする中で「ポストに郵便物や新聞がたまったままになっている」「配達した商品がそのまま残っている」などの異変を感じた際に、市の窓口に状況を伝えるなどの役割を担います。

見守り協定を締結している自治体

ちばSSKプロジェクト

千葉県は、今後急速に高齢化が進むと予想されています。そこで、県では県民一人ひとりが具体的な行動を起こすきっかけづくりとなるよう、「ちばSSK(しない・させない・孤立化)プロジェクト」として、県民フォーラムやDVD制作、街頭PRなどの啓発事業を実施しています。パルシステム千葉では、取り組みの啓発や、業務を通じた高齢者の見守り、認知症に関するイベントなどへの参加、地域活動・コミュニティビジネスなどに取り組む高齢者の支援などを担います。

千葉県 SSKプロジェクト

NPO支援センターちば

地域で活動するNPO等の団体を支援し、地域との協働を推進するため、2002年にパルシステム千葉が立ち上げました。柏の葉キャンパス駅前地域のまちづくりに携わるほか、「パルシステム千葉NPO助成基金」「園芸福祉お〜い船形」「セカンドリーグ千葉」の事務局も担っています。

NPO支援センターちば

パルシステム千葉コミュニティ活動助成基金

環境や福祉など、さまざまな問題解決に意欲的に取り組んでいる地域のNPOを資金面で支援し、協働の地域社会づくりを目指す目的で運営しています。

パルシステム千葉コミュニティ活動助成基金

園芸福祉ファーム「お〜い船形」

園芸福祉を通して、子どももお年寄りも、障がいがあってもなくても誰もが参加でき、健康で心豊かになれる農園づくりを支援しています。
「農」と「福祉」の連携した取り組みに「環境」の視点を加え、行政や地域の団体と共に、さまざまな取り組みを行っています。

NPO支援センターちば

セカンドリーグ千葉との連携

地域が抱えるさまざまな課題を解決するために、地域活動やコミュニティビジネスに取り組む人々のネットワークを創り、継続する事業の担い手を応援します。

セカンドリーグ千葉