介護・福祉

 

パルシステム千葉は、誰もが住み慣れたまちで、安心して「自分らしくいきいきとくらし続けている」そんなまちづくりをめざしています。
「寝たきりにしない」「本人の力を最大限に引き出す」そうした生活リハビリの考え方を中心として福祉・介護の輪が広がるように環境づくりを支援していきます。

ケア方針

ご本人のありのままの生活を大切に考えます

人にはそれぞれ生きてきた人生の積み重ねの上に今の生活があります。
住み慣れた土地で、くらし慣れた家で、ご家族や地域の方と一緒に、その人らしい生活を大切に考えお手伝いします。

ご本人の生活の自立をお手伝いします

「寝たきり」といわれている方でも身体を動かすことのできる人が多くいらっしゃいます。
ご自分の持つ力を引き出し、日常の生活動作につなげることで、生活の自立=生活の再構築が可能になります。こうした「生活リハビリ」の考え方・介護技術をもとに、支援を行います。

ご家族とご本人のいきいきとした、豊かな暮らしを応援します

介護のある日常はご家族にとって少なからぬ精神的・肉体的負担を伴います。
ご本人とご家族の〝笑顔〟に出会えることが、スタッフのよろこびであり元気の素です。

サービス内容

サービス付き高齢者向け住宅

その人らしい暮らし方ができるように支援いたします

高齢者が安心して暮らせる住宅環境と安否確認・生活相談サービスを備えた賃貸住宅です。その方に合った介護保険サービスや自費サービスを組み合わせて利用することができます。

サービス付き高齢者向け住宅「にじいろぱる松戸六実」へ

デイサービス(通所介護サービス)

住み慣れたまちのもうひとつの我が家

通所介護(日帰り介護)とも言われ、要介護者又は要支援者がデイサービスセンターに通い、その施設において入浴、排泄、食事等の介護、その他日常生活上の援助、および機能訓練を受けるサービスです。

事業所一覧はこちら

訪問介護

住み慣れた家で過ごし続けるためのお手伝いをいたします

介護福祉士やホームヘルパーなどの資格を持つ専門員が、要介護者や要支援者のご自宅に訪問して、身体介護や入浴・排泄の介助、食事等の家事援助などを行うのが「訪問介護(ホームヘルプサービス)」です。

事業所一覧はこちら

居宅介護支援

介護の相談役です。介護が必要になったら、まずはご相談ください

介護支援専門員(ケアマネジャー)が、介護が必要になったときの手続きや介護保険のサービスを丁寧にご説明いたします。介護認定が下りましたら、心身の状態などに応じた介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。

事業所一覧はこちら

事業所一覧

デイサービス(通所介護サービス)

デイサービス 
にじいろぱる船橋海神
〒273-0021 千葉県船橋市海神6-2-3
TEL:047-435-0007
デイサービス 
にじいろぱる市川里見
〒272-0827 千葉県市川市国府台3-2-16
TEL:047-373-7383
萩町デイサービス 〒271-0086 千葉県松戸市二十世紀が丘萩町77
TEL:047-703-1290
デイサービス 
にじいろぱる野田音女通り
〒278-0035 千葉県野田市中野台177-7
TEL:04-7120-0606

訪問介護 

船橋訪問介護事業所 〒273-0021 千葉県船橋市海神6-2-3
TEL:047-435-0007
訪問介護 
にじいろぱる野田
〒278-0031 千葉県野田市中根193
TEL:04-7126-1326

居宅介護支援 

居宅介護支援 
にじいろぱる市川
〒272-0827 千葉県市川市国府台3-2-16 里見デイサービス2F
TEL:047-318-5604
居宅介護支援 
にじいろぱる野田
〒278-0035 千葉県野田市中野台177-7
TEL:04-7122-7172

介護職員の処遇改善について

特定処遇改善加算における具体的な取り組み内容

パルシステム千葉では、介護職員の働きやすさを向上させるため、介護職員等特定処遇改善加算および介護職員等処遇改善加算を手当として支給するとともに、下記のように職場環境整備をすすめています。

  • 1.資質の向上
    職員の資質を向上するために、パルシステムグループとともに「生協10の基本ケア研修」をはじめ各種研修を行っています。
    また、資格取得支援として、受験料や研修料等を補助することにより、職員が資格を取得しやすい環境を整備しています。
  • 2.労働環境・処遇の改善
    全職員の健康診断受診の推進、こころの健康等に対する相談窓口の設置を行ない、健康管理面の強化を図っています。
    ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容の改善を行っています。
  • 3.その他
    介護サービス情報公表制度の活用による経営・人材育成理念の見える化に努めています。
    職員が地域包括ケアの一員であること実感できるよう、地域の児童や住民との交流を促進します。