イベントレポート

イベントレポート

2016/01/19レポート公開

開催日:2016年1月14日(木)
職員:佐藤 綾子

産地から生産者を招き、パルシステムの産直について理解を深めてもらう「産直講座」。
今年度最後の開催となる「産直講座 第5弾~JAやさと(茨城県)~」を1/14(木)に開催しました。

「JAやさと」は、できるだけ自然に近い環境で、非遺伝子組換えの飼料にこだわって鶏を育てている「コア・フードの平飼いたまご」や、「産直たまご(赤玉)」「産直こめたまご」の産直産地です。

 

今回は「コア・フードの平飼いたまご」のおいしさを知ってもらうために、
①自慢の卵を使ってふっくら/シフォンケーキ
②短時間でできる/焼きカスタードプリン
③納豆を使ったもっちりフワフワ/ジャパニッシュオムレツ ・・・の3種類をみんなで調理しました。どのレシピも、たまごのおいしさを存分に味わえるものばかり。

 調理後は、みんなで作ったたまご料理を囲みながら、おいしさと安全・安心を追求した産地の取り組みや、パルシステムのたまごのこだわり、品質管理の仕組みなどについて学びました。 毎日のように食べている「たまご」ですが、あらためて説明を聞くと、初めて知ることもたくさん。

 

たとえば・・・
パルシステムのたまごには必ず「賞味期限」と「包装日」を表示しており、包装日は当日か前日に採卵したたまごをパックする日として産地と確認しています。しかし、この包装日は任意表示のため、市販のたまごには「賞味期限」しか書かれていないことも。これでは、たまごの鮮度を確認することはできません。

他にも、質疑応答の時間には「赤玉と白玉の違いは?(※1)」「無精卵と有精卵の栄養価は違うの?(※2)」「たまごは一日一個までって本当?(※3)」など、たくさんの質問が寄せられました。

(※1)鶏の種類の違いによるもので栄養価の違いはありません。赤玉を産む鶏は体が大きく産卵率が低いため、価格に差があります。
(※2)栄養価の違いはありません。
(※3)最近の実験では、たまごはコレステロールを除去するレシチンが含まれており、毎日2個以上のたまごを食べてもコレステロールは上がらないという結果が出ています。たまごは体内で生成できない8種類の必須アミノ酸をバランスよく含んだ食品です。

▼当日のレシピは下記のPDFから!〔おまけレシピもありますよ〕

新鮮なたまごを使ったシフォンケーキは、ビックリするほどしっとりふわふわ!
たまごの濃厚な味がしっかりわかる焼きプリン。カラメルも手づくりです。
ねぎの風味がきいた和風オムレツのなかにはなんと納豆が!
生産者の松崎さんから平飼いたまごのこだわりや、おいしいたまごを出荷するまでの取り組みについて教えていただきました。
商品担当職員からも、パルシステムのたまごの特徴や品質管理体制について説明しました
おいしいたまご料理を囲んで、テーブルトークも盛り上がりました。

イベント概要

開催日程
2016年1月14日(木)10:30~14:00(予定)
会場
さわやかちば県民プラザ(柏市)
参加費
無料(昼食付) 
申込み〆切日
2016年1月4日(月) 
お問合せ
TEL:047-420-2605
FAX:047-420-2400
メール:palchiba-kikaku@pal.or.jp
/運営部(産直担当)
情報掲載日:2015年11月30日

パルシステムの“産地・生産物・生産者”を組合員の皆さんにより深く知っていただくための「産直講座」。今年度開催の最終回を飾る産地は、千葉県のおとなり茨城県から。「JAやさと」の生産者をお招きし、お話を伺います。

「JAやさと」は、青果だけではなく、できるだけ自然に近い環境で、非遺伝子組換え飼料にこだわって鶏を育てている「産直たまご/こめたまご」の産地でもあります。

「まずは味を知って欲しい」という生産者の強い希望により、今回は女性部の皆さんとの調理実習を中心に行います。

---------------

~調理実習メニュー~

①自慢の卵を使ってふっくら
シフォンケーキ

②短時間でできる
蒸しプリン

③納豆を使ったもっちりフワフワ
ジャパニッシュオムレツ

※時間の関係によりグループ毎に調理し、1グループが1品を作ります。

 

◆定員:20人(応募多数の場合は抽選)
◆保育:5名(定員を超えた場合抽選)
◆保育料:1人につき500円/チーパス提示で200円

お申込みのご注意:
【抽選・当落通知について】
応募多数の場合は抽選です。申し込み〆切後に当落通知を郵送します。
【キャンセルに関して】
当選確定後のキャンセルは、キャンセル料金徴収の対象となることがあります。
【アレルギー対応について】
提供する食事のアレルギー対応はできません。