イベントレポート

イベントレポート

2015/09/25レポート公開

~組合員産地交流~

生き物とふれあう田んぼ体験 
4回目(ミニ門松作り・お供え作り体験)

開催日:12月23日(水)
レポーター:職員 花澤 久子

 

5月の田植えからはじまった「田んぼ体験」も今日が最終回!お正月に向けて、ミニ門松作りとお供え餅作りを体験しました。

まずは産地の稲わらを使ってお正月飾りを作りました。門松づくりの先生に教えてもらいながら、皆さん立派なミニ門松を作りました。

ミニ門松作りの次は餅つき体験。臼を見るのも杵を持つのも初めての子どもは大喜び!ちば緑耕舎で大切に育てられたもち米は、輝くお餅になりました。 つきあがったお餅は鏡餅に。みんな、餅とり粉で真っ白になりながら、二段のお餅を一所懸命きれいに丸めました。

交流の最後は「田植えから稲刈りまでの作業を行うことで、おいしいお米を作るための苦労を知り、お米を大切にする心を学んだ」ことを証して、修了証と自分たちで育てたお米が手渡されました。

この田んぼ体験で、食について考えるだけではなく、田んぼのまわりに生息する生き物を探したり、触れたりすることで、環境についても考えるきっかけになりました。参加者からは「普段できない貴重な体験ができた」と喜ばれました。「毎回のおいしいお昼ご飯が楽しみ!」という参加者も多く、「子どもがお米をよく食べるようになった」との声も聞きました。

参加者も大満足の田んぼ体験。来年度も開催しますので、たくさんの人に参加していただきたいと思います。

 

イベント概要

開催日程
①5月9日(土) 田植え 
②6月20日(土) 草取り
③9月19日(土) 稲刈り 
④12月23日(水・祝)ミニ門松・お供え作り
会場
ちば緑耕舎
会場住所
千葉県印旛郡栄町和田114-30
アクセス
現地集合・解散
参加費
年間登録料4回分(A)と材料費(B)の合算料金
A お一人 中学生以上4,000円、3才以上2,000円
B 田んぼ管理料・交流米・材料費として1家族3,800円
申込み〆切日
4月27日(月)
お問合せ
047-420-2605
FAX:047-420-2400
メール:palchiba-kikaku@pal.or.jp
運営部(産直担当)
情報掲載日:2015年12月25日

千葉県内の産直産地、「ちば緑耕舎(印旛郡栄町)」は予約米 千葉こしひかりの産地。いつも家庭で食べているお米の産地で、田植えや稲刈り、年末のお餅つきを体験します。

生態系を守るための米作りに取り組んでいる「ちば緑耕舎」の田んぼには、小さな命いっぱい。「自然と環境は食につながっている」ことの大切さが心に伝わります。

現地集合・解散 各回昼食付き(※提供する食事に関してはアレルギー対応ができません)

開催地MAP