パルグリーンファーム通信

2019/08/12

今年の7月は極端な日照不足となりました。例年は梅雨空の合間に晴天を挟むことが多いのですが、今年は雨天と曇天が交互に長期間続き、気温も例年ほど上がりませんでした。

 

パルグリーンファームでは、葉物野菜は葉色が薄くなることや葉が薄くなること、株元の腐敗などがありました。また、果菜類のきゅうり、なす、ピーマンは影響が大きく、なかなか実が付かない状況となりました。きゅうりに関しては約4割もの株が枯れてしまいました。

 

葉物野菜は極端に生産量が落ちることはありませんでしたが、果菜類は大きく影響を受けた印象です。7月後半から気温が上がり始め、果菜類が実を付け始めました。生育が遅れた関係から、なす、ピーマンは9月まで安定して収穫できそうですが、きゅうりは影響が大きかったため、生産量は減り、収穫期間も短くなりそうです。

 

今夏の栽培状況は全体的に繰り下がっているため、今後の栽培計画を見直していかなければなりません。今年の夏も忙しくなりそうです!

 

    ▲実の付かないピーマン
    ▲実の付かないピーマン
      ▲実を付け始めたなす
      ▲実を付け始めたなす

◇◇◇ 新米ファーマーの野菜をたくさん食べられるレシピ集 ◇◇◇

~  ほうれん草のトースト   ~

 

★材料:ほうれん草1株、食パン1枚、卵1個、塩こしょう小さじ1/2

 

★レシピ:
① ほうれん草を3㎝程度に切る。
② 食パンの真ん中を穴が空かない程度に薄くくり抜く。
③ ほうれん草を切り込みに敷き、卵を入れ、塩こしょうを振る。
④ オーブントースターで4分ほど焼いたら、完成!!