ニュース

プレスリリース

2019/11/27
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(以下、パルシステム千葉)は、令和元年台風15号により甚大な被害を受けた自治体に対し、組合員から寄せられたカンパのうち4,115万187円を贈呈しました。

 

募金活動はパルシステムグループの組合員に対し、9月23日(月)から10月18日(金)まで呼びかけたもので、総額9,535万187円が寄せられました。

 11月21日(木)には、パルシステム千葉 佐々木 博子理事長、パルシステム連合会 大信 政一理事長が千葉県庁を訪れ、千葉県に対し3,515万187円を贈呈しました。
また、大きな被害が発生した館山市、東金市に対してもそれぞれ200万円を贈呈。12月5日(木)には千葉市でも贈呈式を予定しています。

 

佐々木理事長は「県内では今もなお復興のめどが立っておらず、被害が長期化している地域も多い。1日でも早く元通りの生活が送れるように義援金を活用してほしい」
と岡本和貴 県防災危機管理部長に義援金を託しました。


寄せられた募金は自治体のほか、施設等が被害を受けた県内産地・メーカー、地域で支援活動を展開するNPOなどへも届けられ、復興支援金として活用されます。

 

▲義援金を館山市に贈呈(館山市役所)
▲義援金を館山市に贈呈(館山市役所)
▲千葉県の復興状況について意見交換(千葉県庁)
▲千葉県の復興状況について意見交換(千葉県庁)

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 組織・広報部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス https://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:24.6万人(2018年度末)  総事業高: 304億円(2018年度末)