ニュース

プレスリリース

2020/01/16
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)は、1月17日(金)~1月19日(日)にかけて、パルシステム福島の組合員の子どもとその家族を対象とした「福島のこどもたち保養プログラム」を実施します。

 

このプログラムは、福島県に住む子どもたちとその家族を千葉県に招待し、自然の中で外遊びを楽しみ、心の休養を取ってもらうことを目的に、震災翌年の2012年にパルシステムグループでスタートしました。

東日本大震災および原発事故からまもなく9年。さまざまな公的支援や同様のイベントが減少していく中で、今も必要とされる「保養」の継続を求める親の声に応え、毎年実施しています。

今年度2回目の開催となる今回は、南房総の自然の中で動物や植物とふれ合うことで、ひとあし早い春を感じながら、心身のリフレッシュをしていただく企画を予定しています。

 

なお、このプログラムは、パルシステムグループ全体に呼びかけて実施した、組合員および生協組織による「福島子ども保養カンパ」の資金をもとに運営しています。

 

 

生活協同組合パルシステム千葉 「福島のこどもたち保養プログラム」 概要
日 程

1月17日(金)~1月19日(日)2泊3日

主な行程

1月17日(金)

・パルシステム福島 配送センターより出発。幕張にて宿泊。


1月18日(土)

・マザー牧場(富津市)、鋸山(鋸南町)見学。
・南房総市内にて夕食歓迎会、宿泊。

 

1月19日(日)

・いちご狩り、花摘み(館山市)
・活貝バイキング(館山市)

▲千葉県の自然を満喫してもらう企画を毎年実施しています
▲千葉県の自然を満喫してもらう企画を毎年実施しています
▲昨年度のようす。いちご狩りはお子さんたちに好評でした
▲昨年度のようす。いちご狩りはお子さんたちに好評でした

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 組織・広報部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス https://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:24.6万人(2018年度末)  総事業高: 304億円(2018年度末)