ニュース

お知らせ

2019/01/17
お知らせ
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)は、習志野市内と野田市にある一部のこども食堂に対し、パルシステムの畜産部門子会社「株式会社 パル・ミート」(習志野市)による肉の食材提供を2018年12月より始めました。

 

パルシステム千葉では2017年度に、こども食堂を運営する地域団体に対し、施設改修費用などを助成したほか、昨年からはパルシステム千葉の店舗「パルシステム千葉のだ中根店」や直営農場「パルグリーンファーム」(ともに野田市)の協力を受け、肉類や野菜などを提供しています。

今回の肉の提供は、「食べることに困っている子どもたちや、一人でご飯を食べる「孤食」の子どもたちをなくそう」と活動するこども食堂の趣旨に対し、パル・ミートが協賛することで実現しました。

肉の運搬については、それぞれ市内にあるパルシステム千葉の事業所・設備を活用することで、できる限り経済的負担をかけない仕組みを構築し、2月よりこの運用を展開していく予定です。これにより、小規模のこども食堂など、食材の保管が難しいケースにも対応が可能になります。

 

パルシステム千葉では、こうしたこども食堂への協力を継続していくほか、定期的に組合員へ食品の提供を呼びかける取組み(フードドライブ)を実施するなど、今後も貧困や孤食などの問題に対し、地域の一員としてサポートをしていきます。

 

▲パルシステムグループの牛肉・豚肉の精肉加工を担う「㈱パル・ミート」習志野工場
▲パルシステムグループの牛肉・豚肉の精肉加工を担う「㈱パル・ミート」習志野工場
▲直営農場「パルグリーンファーム」による 野菜の提供
▲直営農場「パルグリーンファーム」による 野菜の提供