ニュース

プレスリリース

2019/09/13
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)は、「地域団体と協力してこどもの貧困問題等の支援に取り組みます」という課題を掲げ、2015年以来、県内生協と協同で、社会的養護下にある(児童養護施設や里親家庭に暮らす)子どもの支援について「NPO法人ちばこどもおうえんだん(※)」の一員として取り組みを進めています。


2017年度には、県内生協(なのはな生活協同組合、生活クラブ生活協同組合千葉)、ちばこどもおうえんだんとともに「こども・若者未来基金(以下、基金)」を設立し、社会的養護下で育った子どもの自立に必要な支援を、資金面と伴走型支援面(子どもたちに直接関わり自立を支える人)から継続して行っています。
しかしながら、社会的養護下で暮らす子どもへの理解は十分とは言えず、後ろ盾のない子どもたちの自立には困難がついて回ります。


こうした子どもたちの環境や自立の困難さ、基金について理解を深めていただくためのシンポジウムを以下の2会場で開催します。

 

 

             第1回 第2回
日  時

10月5日(土)
13:30~15:30(13:15開場)

10月31日(木)
10:00~11:30(9:30開場)
場  所

千葉商工会議所ホール(千葉市文化センタービル14階)

千葉市中央区中央2-5-1 
千葉中央ツインビル2号館

スカイルーム柏

柏市柏2-5-8 セントラルビル6階           
内  容

講演
元茨城県高萩市長・東北福祉大学特任教授
草間 吉夫氏 「私が歩んできた道」

登壇者
自立支援ホーム南柏 山田 久美子氏
児童養護施設望みの門かずさの里 鈴木 博貴氏
「子どもたちに寄り添って」

参加費 無料
〆  切 各開催日一週間前まで。定員を超えた場合は抽選
主  催 生活協同組合パルシステム千葉、なのはな生活協同組合・生活クラブ生活協同組合・特定非営利活動法人ちばこどもおうえんだん(こども・若者未来基金運営委員会)

 

なお、パルシステム千葉の配送センター・店舗・地域活動施設では、9月16日(月)~11月29日(金)にかけて、パルシステム千葉の組合員に対し「こども・若者未来基金」のカンパを実施します。

 

※「特定非営利活動法人ちばこどもおうえんだん」について
社会的養護の必要な子どもの自立等を目的に設立。2015年7月より千葉市里親制度推進事業を受託し、千葉県内4生協や労働福祉団体(一般社団法人千葉県労働者福祉協議会)が参画し事業をすすめています。

 

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 組織運営部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス https://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:24.6万人(2018年度末)  総事業高:304億円(2018年度末)