ニュース

プレスリリース

2022/05/19
プレスリリース

 生活協同組合パルシステム千葉(本部:千葉県船橋市本町、理事長:佐々木博子)は6月1日(水)より、利用者にNPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会(JFSA)への衣類提供を呼びかけます。集まった衣類の8割はパキスタンに輸出され、現地でリユース販売した収益はスラム地域の学校運営に活用します。家庭で眠っていた衣類などの資源が、2002年からの呼びかけで累計200t以上寄せられ、現地の教育を支えています。

 

 パルシステム千葉では、2002年よりJFSAへの衣類提供を呼びかけています。2021年度は3回の協力呼びかけに約15tの衣服や毛布、かばんが集まり、20年間で寄せられた衣類は累計201t616㎏となりました。2022年度は、6月1日(水)より利用者に協力を呼びかけ、7月末まで衣類の提供を受け付けます。集まった衣類などはJFSAで仕分けして、2割は国内でリユースされ、8割はパキスタンに輸出されます。パキスタンではJFSAと連携した学校を支える事業グループが販売し、収益をスラム地域の学校アル・カイールアカデミーの学校運営に活用します。

 

 アル・カイールアカデミーは、パキスタン最大の都市カラチ市と北部バラコートにあります。約4,500人の生徒の多くは厳しいくらしを強いられており、働きながら通学している子どもいます。10歳を過ぎると生活のため終日働こうと退学する生徒が増えます。そのため、特に生活が厳しい家庭には食料の支援もして学びを支えています。子どもたちの将来の自立に向けた持続可能な学校運営に、日本の家庭で眠っていた衣類や毛布などの資源が役立てられています。

 

 パルシステム千葉は、2004年よりアル・カイールアカデミー校長来日時の意見交換会やパキスタンカレーの試食会開催など、現地への理解を深める定期的な交流をしています。また、寄贈された衣類の選別体験企画やリユース販売の場なども設けています。今後も利用者にJFSAの活動を紹介し、連携しながらパキスタンの子どもたちの自立と教育への支援を継続します。

 

▲アル・カイールアカデミーで学ぶ子どもたち
アル・カイールアカデミーで学ぶ子どもたち
▲パキスタンに送り出すコンテナ積み込み(約24.7トン)を終えた協力団体とJFSAスタッフの皆さん
パキスタンに送り出すコンテナ積み込み(約24.7トン)を終えた協力団体とJFSAスタッフの皆さん

 

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 組織・広報部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス https://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21(4階)
理事長:佐々木 博子
組合員総数:25.2万人(2020年度末)  総事業高: 355億円(2020年度末)