ニュース

プレスリリース

2021/03/03
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)は、「千葉いすみ産コシヒカリ 有機栽培米『いすみっこ』」を、3月15日(月)~19日(金)の週と22日(月)~26日(金)の週の2週にかけて、パルシステム千葉組合員限定で販売します。

千葉県の三大米産地と称されるいすみ市は、「自然と共生する里づくり」を目指し、2017年に全国で初めて市内すべての小中学校の給食に市内の有機栽培米を100%使用するなど、持続可能な農業、持続可能な未来に向けて取り組んでいる地域です。
パルシステム千葉はこうした取り組みに共感し、地域とともに発展する農業を応援したいと考え、情報交換や理事の産地研修など、いすみ市との交流を重ねてまいりました。
2019年度に、宅配事業がいすみ市へ展開したことをきっかけに、さらに連携を強め、今回、地産地消商品の取扱いにつながりました。

 

「粘り」「コシ」「甘味」のバランスがとれた、食味のよさが特徴の『いすみっこ』を、今年度はスポット的に取扱います。
地産地消や持続可能な農業について、組合員や地域への理解を深めながら、次年度以降は継続的な展開も視野に入れ、検討を進めていく予定です。

 

商品名

2020年産 千葉いすみ産コシヒカリ 有機栽培米『いすみっこ』

商品規格 3㎏
価 格 1,890円(税込2,041円)
販売者 JAいすみ(千葉県)
販売期間

3月15日(月)~3月26日(金)(4月12日~4月16日お届け)

 

▲『千葉県の三大米産地』と称される、米どころのいすみ市。
▲『千葉県の三大米産地』と称される、米どころのいすみ市。
▲いすみ市は、全国で初めて学校給食に使用される全ての米に有機栽培米を採用。
▲いすみ市は、全国で初めて学校給食に使用される全ての米に有機栽培米を採用。
▲2019年4月には、パルシステム千葉の理事が、いすみ市の取り組みに関する研修を実施。
▲2019年4月には、パルシステム千葉の理事が、いすみ市の取り組みに関する研修を実施。

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 組織・広報部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス https://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:25.2万人(2019年度末)  総事業高: 313億円(2019年度末)