介護の記録「つれづれ日記」

2019/11/18

私が萩町デイサービスで働くようになり、3年が経ちました。
この3年間は外部団体との関わりに重点を置き、様々な活動に参加してきました。研修などで知り合った地域のデイサービスの利用者の方や職員の皆さんを萩町デイサービスに招待し、広島焼作りやギター演奏、日本舞踊を踊るなど、交流を図りました。
また、介護をテーマとしたお祭り「ちばケアフェスタ」で知り合った事業所の皆さんとは、合同の運動会を開催し、玉入れや射的などを楽しみました。

 

こうした交流を通して、利用者の方と職員とのコミュニケーションの図り方、レクリエーションや活動の内容など、見習うところがたくさんあり、良い経験となりました。

 

この3年間は、私自身の人生の中でも内容の濃い時間となりました。
現在、松戸市の介護事業者連絡協議会の研修部会に参加し、研修後の交流会の中で、経営や利用者の方の心理などを学んでいます。
今後も「井の中の蛙」とならないよう、地域の事業所の皆さんと交流する機会を作り、良い部分を萩町デイサービスに取り入れていきたいと思います。

 

 

立ち上がり動作

年を重ねると筋力の低下は免れません。今まで自然に立つ事が出来ていたのが、いつしか物に掴まって立つようになっていませんか?物に掴まって立つ事も良いのですが、掴まり方を間違え、バランスを崩して立ち上がりの姿勢が悪くなると、ケガに繋がる危険があります。

 

以下のようにすると、立ち上がりやすい動作になります。

 

1 イスとテーブルの距離を十分にとる

2 座っている姿勢からお尻を前に出し浅めに座りなおす

3 両足を肩幅に開き、座ったまま、開いた足をすこし後ろに引く

4 お辞儀をするように立ち上がる。

 

萩町デイサービス
介護リーダー 吉川 順子