Web版「Palnote」記事一覧

お知らせ

2022/01/31
機関紙

サービス付き高齢者向け住宅とは

賃貸住宅の自由さと、介護サポートの安心を兼ね備えた住宅です。まるで“自宅”のように暮らせる、ケアの充実した施設として注目を集めています。

生活空間

陽光が差し込むリビングは、開放感あふれるくつろぎの空間。

木のぬくもりをいかした広々としたリビングが各階にあります。音楽好きの施設長のこだわりが光るスペースでは、音楽会が開かれる予定も。

 

Point

低めの椅子は特注品。
安定した姿勢をとることで飲み込みやすくなり、誤嚥(ごえん)予防にもつながります。

 

おいしく楽しく食べる

ご自宅と同じように感じて食事を楽しんでほしいという想いから、普段使うような食器を選び食事を提供しています。塩分少なめのメニューですが、すべての味を薄くしてしまうとおいしさを感じにくくなり、食が細くなってしまうことも。“普通の”家庭料理を意識しながら、汁物の濃度で塩分を調整するなどしています。「おいしい」と感じられる食事の時間を大切にしています。

 

地域交流スペース

窓が大きく明るい地域交流スペース。入居者同士はもちろんのこと、ご家族や地域の方との交流の場所としても使われます。

日々のくらし

“くつろぎ”と“サポート”ふたつをかなえる居室。

居室はトイレ・洗面台付き。さらにキッチン・浴室の付いたタイプも。すべての部屋に緊急通報装置・見守りセンサーが備えられ、慣れ親しんだ家具に囲まれながら、安心して過ごせます。

 

Point

ベッドの下に設置された見守りセンサー。就寝中の心拍数や呼吸に異常があった場合、スタッフルームへ通知されます。

 

備え付けのミニキッチンでは料理も可能
共用の浴室にはリフト浴もあり、安心して入浴していただけます
共用トイレには、安定した座位姿勢を保持することができるテーブルを設置

お楽しみイベント

季節ごとの充実したイベントも魅力のひとつ

この日はクリスマスリースづくりに挑戦。スタッフが見守るなか、個性豊かなリースが完成。“その人らしさ”が作品にも表れています。ほかにも手打ちうどんやバスを利用した外出イベント、またお茶会を毎日開催するなど、居室にこもりがちにならないよう、プライバシーを守りつつも交流を大切にしています。

入居者の声

「終の棲家」を見つけました。

明るくのびのびとした雰囲気が気に入っています。居室と共有スペース、どちらで過ごす時間も充実。先日の地震のときは職員さんが駆けつけてくれ、“ひとりではない”と実感しました。

 

お問い合わせ

0120-236-070
受付時間/9:00~17:30(土日祝可)

施設ページでは毎月のイベントの様子を「にじいろぱる松戸六実通信」に掲載しています。ぜひご覧ください。

入居者も募集しています。お気軽にお問い合わせください。

サービス付き高齢者向け住宅 にじいろぱる松戸六実

「機関紙」の関連記事