パルグリーンファーム通信

お知らせ

2023/01/16
お知らせ

この冬は例年よりも早く作物の凍結が見られました。もともと作物は寒くても生育しますが、寒くなりはじめの頃は、一時的に生育が停滞してしまうことがあります。そうなると生産量が落ちてしまい、安定生産に支障が出かねません。今季も12月上旬に生育が停滞し、再び生育するようになったのは12月末頃からでした。

 

サニーレタス

べか菜

チンゲン菜

 

1月は日が昇るのが最も遅く、作物が凍結している時間も長いように感じられます。日の出が最も遅いのは冬至の日だと思いがちですが、実際にはそれより後になります(地球と太陽の位置関係でそうなるのだとか)。そのため安定供給が一番難しいのも1月で、12月までにある程度成長させたうえで、慎重に出荷品目を調整していきます。品薄になりがちな小松菜やべか菜は少しずつ小出しに、晩秋まきのレタス類や作り置きのできる人参を交えながら…といった具合にです。

 

 

暖かくなって生育に勢いが出るのは少し先になりますが『とれたて便』を安定供給できるように、今季もいろいろ試行錯誤しながら取り組んでいます!

畑ではにんじんも

葉物野菜のレシピやパルグリーンファームの栽培の様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。

⇒ 直営農場「パルグリーンファーム」