パルグリーンファーム通信

お知らせ

2020/08/24
お知らせ

一年を通し、一番時間を使っている作業はなんだろう?真っ先に浮かぶのは「草取り」です!

収穫を終えたハウス内の雑草は、あっという間に膝丈まで伸び、一面に広がります。除草剤は使わず、手作業で全て取り除くため、かなりの時間がかかってしまいます。

 

そこで、夏の間は太陽の熱を利用し、地温を上昇させ、雑草の種を減らす作業を行っています。ハウスを閉めきり、耕運した土をビニールシートで覆い、2週間ほど蒸した状態にすることで、雑草が生えにくくなり、今後の草取りの時間を大幅に短縮させることができます。時間をかけたらかけた分、目に見えた効果があり、ほぼ“雑草ゼロ”の状態は、ずっと見ていたくなるほどキレイです。

 

来年の夏まで維持できるといいのですが、そこはそううまくはいかず、徐々に雑草が増え始め、春頃には再び草取りに追われる日々がやってきます。一年中、“雑草ゼロ”を目指し、毎年夏は土を蒸し続けます!

 

“雑草ゼロ”のハウスはこんなにキレイ!
“雑草ゼロ”のハウスはこんなにキレイ!
地温は50℃近くまであがっていました!
地温は50℃近くまであがっていました!
袋詰め作業を行う建物の外側にゴーヤのグリーンカーテンを栽培中!
袋詰め作業を行う建物の外側にゴーヤのグリーンカーテンを栽培中!

~新米ファーマーの野菜をたくさん食べられるレシピ集~

チンゲン菜の梅あえ  

 

  ★材 料: チンゲン菜(小)…2株、梅干し…1個、塩…少々

 

  ★レシピ:
 ①チンゲン菜は食べやすい大きさに切り塩を加えた熱湯でゆで、しんなりしたら冷水にとって水けを絞る。

 ②梅干しは種を取って包丁でたたき、水大さじ1を混ぜ合わせ、①と和えたら完成。

パルシステム千葉ホームページで、葉物野菜のレシピやパルグリーンファームの栽培の様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。

直営農場「パルグリーンファーム」