パルグリーンファーム通信

お知らせ

2020/02/10
お知らせ

パルグリーンファームのビニールハウスでは、一年を通して小松菜とチンゲン菜を繰り返し栽培しています。今回は収穫までの栽培工程をご紹介したいと思います。

 

①ハウス内の土を採取し、pHやどの肥料がどれだけ必要かを知るために土壌分析。

②雑草や野菜の残渣(ざんさ)を手作業で取り除く。

③土壌分析の結果をもとに、肥料を均等に手でまく。

④トラクターで耕運。

⑤手押しの種まき機で種をまく。

⑥チューブを設置し水をまく。

種まきから収穫までの期間は、春~秋は1ヵ月前後、冬は2カ月以上かかります。

今年も寒さで生育が途中でとまってしまい、「とれたて便」が1品でのお届けになってしまったことがありました。その後、保温効果のある不織布を葉物に直接掛ける対策をした結果、小松菜が少しずつ大きくなってきました。

春になるまで、寒さ対策を万全に、大切に育てていきます。

 

土壌分析
土壌分析
肥料まきと耕運
肥料まきと耕運
種まきと水まき
種まきと水まき

~新米ファーマーの野菜をたくさん食べられるレシピ集~

~小松菜&ツナのおろしあえ~

 

 ★材 料:小松菜…1/4束、ツナ缶…1/2缶、大根おろし…4㎝分、ポン酢しょうゆ…適宜

 ★レシピ:

 ①小松菜は熱湯でサッと茹でて冷水にとり、水けを絞って4㎝に切りボウルに入れる。

 ②ツナの缶汁をきってボウルに加え、大根おろしも軽く水気を切って加える。

 ③ざっと混ぜ合わせて、器に盛り、ポン酢しょうゆをかけたら、完成!