ニュース

お知らせ

2021/01/21
お知らせ

パルシステム千葉は、2001年度に「パルシステム千葉コミュニティ活動助成基金」を設置し、地域の課題に市民事業・活動として取り組む団体に対して、資金や広報の面で支援しています。

 

今回、2020年度の交付団体の一つである『船橋ワーキングマザーの会』の皆さまの活動について、ご紹介させていただきます。

団体HPはコチラ

事務局メンバーの皆さん

活動紹介

●活動を始めたきっかけ

 依然として子育てと家事を両立しながら働く環境に課題が多い中、ワーキングマザー同士のご縁や情報交換の場を設けたいと考え、活動をスタートしました。働く女性がママとして職業人として、そして個人としてもイキイキと輝くことを目指し、地域の働くママを元気にし、子育て環境や両立就業環境の向上に寄与しています。

 

●おもな活動内容

 育児休業中の方から小学生のお子さんがいる家庭の方々を対象に、一人ひとりの持つ力を引き出しそれをネットワーク化することで強化できるよう、様々な場づくり(対面型イベントやオンライン活用イベントなど)を行っています。
今年度は18回のイベントを行い(2020年12月末時点)、そのうち昨年12月に実施した公園での交流会「おそとでおしゃべり会~マスク越し交流」は、多くの方々に参加いただきました。

 また、復職までの流れや仕事と家事の両立の工夫・保活・パートナーシップなどについて、会員の声や地元の情報を集約した冊子「復職準備ガイド」を作成し、講座参加者や市内の保育園・病院・店舗などに設置してもらい配布しています。

 

●今後の課題・活動について

 コロナ禍によりリアルでの活動が制限されている現状において、オンラインと屋外イベントの組み合わせで継続していきたいと考えていますが、「初対面の方とオンラインで交流することに抵抗がある」「子連れで人に会ってホッとできるのはやっぱり対面」など、オンラインに壁を感じている方も一定数おり、課題の一つです。

 今後は、子どもの成長や家族の変化によって生じる問題(ダブルケア・思春期の子どもとのコミュニケーション・学力や学校生活についての悩みなど)について継続的支援を行うため、これらをテーマとしたイベントを開催していきたいと考えています。

 

●地域の方へのメッセージ

 コロナ禍により人との繋がりを持ちにくい時代になっています。それでもやはり子育ては孤独にやるものではなく、身近に支え合える仲間がいますので、SNSなどを活用しながらぜひ繋がりを持ってもらいたいと考えています!

 

オンラインイベントの様子
会のリーフレット

 

パルシステム千葉助成金の活用

「復職準備ガイド」の刷新をメインとして活用しています。

お問合せ先

船橋ワーキングマザーの会