ニュース

プレスリリース

2019/02/14
プレスリリース

協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)は、県内7団体と連携し3月16日(土)に千葉市民会館にて「第6回フクシマを考えるフォーラム2019」を開催します。


「私たちがフクシマを忘れたくない理由~原発事故被害の今とこれから~」と題したフォーラムでは、自然エネルギーを題材とした映画「日本と再生」の上映会を開催するほか、自然エネルギーや放射能被害の現状に関する講演会、千葉県における放射性廃棄物の行方についての報告などを予定しています。


また、当日は別室にて、子どもを対象にした甲状腺エコー検診も実施します。

 

 

  3月16日(土)概 要

10:00~

上映会
『日本と再生‐光と風のギガワット作戦』(100分)

13:30~

講演①:河合 弘之監督(弁護士、『日本と再生』監督)
・日本における自然エネルギーの展望
・首都圏に迫る「再稼働」の危機とは

14:30~

講演②:山田 國廣氏(京都精華大学名誉教授)
・原発事故による放射能被害の現状
・県内モデル事例で考える初期被爆

15:30~

休憩・質疑応答

16:15~

活動報告
・千葉県における放射性廃棄物の行方
・県内で暮らす自主避難者たちは今… 

16:30

閉会

同時開催:甲状腺エコー検診

10:30~12:00

甲状腺エコー検診 ※医師からの説明含む
対象:4歳~22歳目安(定員:30名。完全予約制)
参加費:1,500円(運営費カンパとして)

※「甲状腺検診ちばの会」が主催となり、ボランティアの医師の協力を得て実施。

 

■    参加費 :無料(甲状腺検診を除く)
■    会 場 :千葉市民会館 小ホール(千葉市中央区要町1-1)
■ アクセス:JR「千葉」駅東口より徒歩7分
■    定 員 :300名
■    申込み :フクシマを考えるフォーラム実行委員会事務局
      (NPO支援センターちば)
       080-3077-4200  担当:永田

 

 主催:「フクシマを考えるフォーラム実行委員会」
甲状腺検診ちばの会/生活クラブ虹の街/ちば市民放射能測定室「しらベル」/なのはな生協/自給エネルギーの会/千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会/放射能から子どもを守る会@やちよ/パルシステム千葉

後援:千葉市

 

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 組織・広報部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス https://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:23.9万人(2017年度末)  総事業高:301.1億円(2017年度末)