ニュース

プレスリリース

2019/06/04
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)の直営農場「パルグリーンファーム」は、野田市の遊休農地を活用して2012年に設立されました。土作りにこだわり、農薬や化学肥料に頼らず、自然循環を大切にしたビタミン・ミネラル分の多い野菜作りを目指しています。

 

2013年より、前日に収穫した野菜(いも類を除く)を登録組合員にお届けする「直営農場とれたて便(以下、とれたて便)」を展開しており、2019年6月より8つあるすべての配送センターでとれたて便のお届けが始まりました。6月3日(月)よりお届けがスタートした市川センターでは、5月中旬より募集を開始し、700人以上の申し込みがあり、登録組合員数はパルシステム千葉全体で2,200人を超えました。

 

 パルグリーンファームでは、より良い商品をお届けできるよう、若手生産者が日々奮闘しています。「安全性やおいしさだけでなく、栄養価の面でも満足してもらえる野菜をお届けしたい。」と、農場長の椎名一樹氏。利用組合員からは、「おいしくて新鮮な野菜が届く」、「品目が年々増えてきて毎週楽しみにしている」等、好評の声をいただいています。

 

【直営農場とれたて便】

 

■価格:290円(税込313円)

■お届け品目(2019年度予定)

ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、なす、ピーマン、きゅうり、里芋、さつまいも、玉ねぎ、人参、サニーレタス、

じゃがいも、いんげん、ミニ白菜の14品目の中から2品目

 

 

パルグリーンファームは、組合員との産直交流会や職員研修の場としても活用されています。

 

 

 

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 組織・広報部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス https://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:24.6万人(2018年度末) 総事業高:305.6億円(2018年度末)