ニュース

お知らせ

2021/11/26
お知らせ

【事業名】地域同士で助け生き抜く力を高める子ども食堂

 

映画「こどもしょくどう」の無料上映会で講演する
代表:金川聡美さん。

 

▼こうして助成金を活用しました!

子ども食堂への理解と協力を広めるために、映画「こどもしょくどう」の上映やチラシ印刷、小学生向けに作成した漫画冊子の費用に充てました。

 

 

パルシステム千葉コミュニティ活動助成基金
地域の諸課題に市民事業・活動として取り組む団体を資金や広報の面で支援するために、パルシステム千葉が2001年度から設置しています。

仕事と育児が両立できるボランティア活動がしたい

「元気になったら社会のためになる活動がしたい」と話していた母の遺志を継いで、ボランティア活動がしたいと思っていました。ところが仕事と育児を両立させながらできるボランティアは見つからなかったので、自分でその場を作ることにしました。

 

母が入退院を繰り返していた子どものころ、近所の方が親切にしてくれたように、自分が地域の助け合いの輪を作っていこうと、まず子ども食堂から始めました。

 

みんなで食べることで、「地域の子育て世帯を取り残さない」ように心がけています。助けられる人も、少し余裕ができた人が自らボランティアとしてお手伝いをしてくれることもあり、「やさしい社会の輪をつなぐ」という理念を大切にしています。

子ども食堂の活動をもっとよく知ってもらうために

子ども食堂は2017年10月から月1回のペースで開催してきました。食材や資金を寄付してくださるのは地域の方々をはじめ、とうかつ草の根フードバンクや大手海外スーパー等です。現在は新型コロナウイルス感染対策のため休止中ですが、みんなで食事ができる状態に戻れたら、開催回数を増やしていきたいと思っています。

 

今はその代わりに、コロナ禍により経済的影響を受けた家庭へ食材を配布する「フードパントリー」を行っています。また、子ども食堂の様子を漫画にした冊子を実費頒布したり、出前授業や映画上映会を通じて、この活動を社会に発信しています。たとえば映画「こどもしょくどう」の上映会では、会場を広く取り、小さいお子さんを託児できる部屋と、親子で鑑賞できる部屋をそれぞれ設け、あらゆる世代が楽しめるように工夫しました。

 

子ども食堂を映画とマンガで楽しく紹介

 

小学校での出前授業の様子

漫画や出前授業を通じて子どもたちに伝えたいこと

子ども食堂を描いた漫画は、市内の全ての小中学校に配布しました。子ども食堂が貧困だけに特化したものでなく、誰でも参加できる地域コミュニティの場となっていることがよくわかる内容です。

 

また、先生方が漫画を読むことで、小学校への出前授業にもつながりました。

その出前授業では子ども食堂の話を通じて、子どもたちがボランティア活動の楽しさを感じ取ってくれています。地域には困った時に助けてくれる大人がいることを伝え、子どもたちのセーフティーネットにとして機能していければと願っています。

無理せず、楽しく、息の長いボランティア活動を!

流山市の子育て世帯を中心としたパパ・ママやその子どもたちを中心に、地域の70代くらいまでの方々が活動しています。登録スタッフは合計60名ほどですが、1回の活動で必要なのは20名程度で、一部の人たちが無理して活動することがないように気をつけています。

 

ハンディキャップのある方や小さなお子さん連れの方にもどんどん参加してもらい、やれることを手伝ってもらっています。

 

ボランティアを楽しく息長く続けていける仕組みは重要です。そのため、ボランティアする側にもフォーカスして、「誰かのためになりたい!」をという気持ちを大切にしています。

 

フードパントリー会場にて

 

活動を続けていると、これまで助けられていた人がボランティアする側になる姿をよく見かけます。人は誰かのためになることで、自分も元気になれます。そうやって、貧困や孤独に苦しむ子どもたちや親子が救われていくのだと考えています。

活動レポートも充実

講演活動に学習支援。まだまだやりたいことがある。

これからも「こんなに困っている子がいる」と危機感をあおるのではなく、「誰かのために何かしたいな」という前向きな気持ちに着目した講演活動をもっとしていきたいです。また、新たに学習支援を実施して「やさしい社会の輪」をつないでいく予定です。

 

普段子ども食堂を利用している人たちとスタッフが一緒になって地域のクリーン作戦などを実施して、助ける人、助けられる人の垣根をなくしていきたいと思います。

南流山子ども食堂の会からのメッセージ

自分の1%を差し出すことで「地域のやさしい輪」をつなぎたい

南流山子ども食堂は、貧困や孤食だけに特化した団体ではありません。スタッフみんなが優しい気持ちで明るく楽しく活動しています。助ける人、助けられる人の垣根を超えて、皆が無理なく自分の1%を差し出すことで地域のやさしい輪をつなぎたいと願っています。

 

どうぞお気軽に「食べに行きたい」「お手伝いしたい」と声を上げてください。

必要とするご家庭へ

お問合せ先

南流山子ども食堂の会

所在地:千葉県流山市

TEL:090-6048-5603

メール minaminagareyama.kodomo@gmail.com

ホームページ https://minaminagareyamakodomo.jimdofree.com/