ニュース

お知らせ

2022/08/09
お知らせ

【事業名】産前産後の女性に対する体のケア講座

 

▼こうして助成金を活用しました!

講座の広報費、会場費用などの諸経費、冊子印刷費等に充てます。

 

パルシステム千葉コミュニティ活動助成基金
地域の諸課題に市民事業・活動として取り組む団体を資金や広報の面で支援するために、パルシステム千葉が2001年度から設置しています。

 

女性特有の健康のトラブルに対して

ウィメンズヘルスという女性特有の健康のトラブルに対する療法が、近年注目されています。とくに妊娠中や産後は体の変化が大きく、トラブルも多くなっています。姿勢や動作に関する専門家である理学療法士や作業療法士として、妊娠中や産後の女性のケアにもっと関わっていく必要性を感じ、2020年、この研究会を設立しました。

 

コロナ禍もあって、当初は所属メンバーの知識や技術の底上げを目的に、オンラインで知識や経験のシェア・意見交換会を行ってきましたが、今年度より対面によるエクササイズやケアの提供を開始しました。細かくケアできるように少人数で開催したので、受付開始から1週間ですぐ定員に。今後は月1回、千葉市内の複数個所で開催していく予定です。

 

対面講座でママたちの生の声を聞くと、いろいろな悩みを抱え困っている方が多くて驚きました。ママのケアに加えて、子どもの発達に合わせた遊び方や子どもの発育の悩み相談も盛り込みました。小さい子どもを連れて参加できるので、とても喜ばれました。サークル形式にしてほしいという希望も出て、手ごたえを感じました。市内どこからでも参加しやすいように、場所を変えて月1回開催していきます。

冊子にまとめてより多くのママたちへ

また、多くのママたちに妊娠中や産後のケアの大切さを知って貰うために、「マタニティ・産後女性向けの冊子」を制作中です。医学的な間違いなどがないように、産婦人科医師からの助言をいただいて、進めています。二次元コードから簡単なエクササイズの動画にアクセスできるようにしたり、体に負担をかけない抱っこのしかたを載せたり、妊娠中・子育て中のママに役立つ内容を幅広く盛り込んでいます。

 

メンバーは、千葉県内在住の理学療法士17名、作業療法士1名です。病院や小児施設など、活動の場所もさまざまで、経験年数も3年から20年と幅広い年代の療法士が参加しています。それぞれの年齢や背景の違いを活かした視点で、多様な意見やアイデアを出せることが強みです。

 

この冊子が完成したら無償配布していきます。より多くの妊産婦に届くように自治体や産婦人科のある病院、子育て支援施設などに置いていただこうと考えています。さらに増刷して長く配布を続けられるようにするために、資金調達が今後の課題です。療法士向きの有料講座を開催して、資金調達に充てる計画も立てています。

 

スタッフは千葉県内全域から参加していますので、対面講座を県内各域で開いていきたいと思います。最終的には、妊娠中や産後の身体のケアが当たり前に受けられ、個別に高額な費用がかからなくてすむシステムを作っていきたいです。

 

地域とつながって専門性を活かしたい

講座開催のチラシを千葉市内の子育て支援施設、コミュニティセンター、公民館、ママと子どもが集まるような公園に置かせていただいています。千葉市生涯学習センターでの講座も予定されており、少しずつ地域とのつながりを作っていっているところです。

 

コロナ渦でもSNSを通じて、地域の子育て支援サークルと情報交換・シェアをして関わりをとっています。パルシステム千葉から助成金をいただいて活動しているということで、地域の女性から信頼と安心を得ることができ、感謝いたしております。

 

私たち千葉ウィメンズヘルス研究会は姿勢と動きの専門家である、理学療法士・作業療法士で構成された団体です。女性特有の身体トラブル(妊娠中・産後の体の変化、痛み、尿もれ、子宮脱など)に関して勉強をしており、悩みのある女性のケアやアドバイスができます。各地で妊娠中や産後女性向けの講座を開催していますので、興味がありましたらぜひご参加ください。

お問合せ先

千葉ウィメンズヘルス研究会

所在地:千葉県千葉市

TEL 090 5508 5805

メール chiba.wh@gmail.com

ホームページ https://chiba-wh.jimdofree.com/