ニュース

プレスリリース

2018/12/27
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)は、政府の「プラスチック資源循環戦略(案)」に関する意見募集に対し、今後、資源循環を推進していくための戦略の在り方についてパブリックコメントを提出しました。


意見は、11月19日(月)の環境省による公示に対して提出したものです。案では、小売店におけるレジ袋有料義務化など、使い捨てプラスチックの削減を進め、使用量を2030年までに25%削減することなどが定められています。

パルシステム千葉では、数値目標を含む「マイルストーン」が掲げられたことなどを評価するとともに、プラスチックによる環境汚染を防ぎ、生活者が将来にわたって豊かな環境の恵みを享受し続けられることを要望します。


なお、パブリックコメント要旨は次の通りです。

1.目指す社会像を提示し、実現のための要点とプロセスを明確化する戦略としてください
2.早急なマイクロプラスチックの科学的リスク評価と必要な対策の実施を求めます


パルシステムでは、組合員・産地・メーカーとともに、商品の容器包装の削減や独自の物流システムを活用したリユース・リサイクルなど事業・活動の両面で環境負荷の低減に長年にわたり取り組んでいます。プラスチック製容器包装排出量についても定量化し、さらなる総量削減に向け取り組んでいます。

 

 

 

プラスチック資源循環戦略(案)に対する意見】-全文は、下記よりご覧いただけます。

 

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 組織・広報部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス https://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:23.9万人(2017年度末)  総事業高:301.1億円(2017年度末)