開催イベントのご紹介

イベント概要

開催日程
2022年12月8日
15:00 〜 17:00
会場
※このイベントはオンライン企画です
参加費
無料
申込み〆切日
12月6日(火)
お問合せ
TEL:03-6233-7235
(平日10:00~17:00)
パルシステム連合会
地域活動支援室
情報掲載日:2022年11月21日

まもなく丸3 年となる新型コロナ感染症の拡大によって、生活や雇用に深刻な影響が及んでおり、仕事もお金も住まいも失った人たちは増加の一途をたどっています。特に、非正規雇用で働く高齢者や若年層(特に女性)、様々な背景を抱えながら日本で暮らす外国籍の方などは、公的支援が十分ではなく、NPOなど民 間の支援で毎日をつないでいます。

物価高がすすむなか、支援現場の実態に目を向け知ることで、私たち自身も“自分とは無縁ではない”ことにまずは気づくことが大切だと思っています。今回の学習会で実態を知り、皆さん自身が具体的アクションにつながる機会となればと考えています。

主催:パルシステム連合会 平和・地域活動委員会

タイムテーブルやその他詳細については、お申込いただいた方へ、別途ご案内いたします。

【プログラム】

◆基調講演:枝元 なほみ 氏
 (料理研究家、認定NPO 法人ビックイシュー基金 共同代表)

プロフィール:
横浜市生まれ。劇団の役者兼料理主任、無国籍レストランのシェフなどを経て、料理研究家としてテレビや雑誌などで活躍をつづける。一方で、農業支援活動団体である社団法人「チームむかご」を立ち上げたり、NPO法人「ビッグイシュー基金」の理事も務め、雑誌「ビッグイシュー日本版」では連載も執筆。2020 年に、フードロスと貧困問題の解決にチャレンジするため、営業時間終了直前に売り切れなかったパンを引き取って、同雑誌の販売員や、そのほか仕事がない人たちが販売する仕組みを実践する「夜のパン屋さん」をスタートする。

また、子どもたちの給食を有機食材にするための活動にも心血を注いでいる。今年10月に、新刊『捨てない未来-キッチンから、ゆるく、おいしく、フードロスを打ち返す』(朝日新聞出版)を発刊。

◆活動報告

認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい

貧困を「経済的な貧困」と「つながり(人間関係)の貧困」という二つの視点でとらえ、生活相談・支援事業と入居支援事業で生活基盤の回復を、また交流事業でつながりと自尊心の回復をお手伝いしている。

NPO 法人BONDプロジェクト

虐待、家出、貧困など様々な困難を一人で抱えてしまう10 代20 代女性に寄りそい「聴く、伝える、繋ぐ」に取り組んでいる。代表橘ジュン氏は街のパトロールや自主的に保護の活動も行いながら、「動く相談窓口」として全国を飛び回る。

認定NPO 法人難民支援協会

難民の尊厳と安心が守られ、ともに暮らせる社会を実現するために、一人ひとり異なる困難に合わせた支援や、 制度や仕組み・社会を変えることをミッションとして活動。社会に変化を働きかけることで難民への理解と共感を広げ、難民の状況改善につなげている。