イベントレポート

イベントレポート

2019/03/07レポート公開

開催日:2月21日(木)
イベントレポートサポーター:竹田 栄子さん

もうすぐひな祭りという2月21日に、タイムリーな房総太巻き祭り寿司の企画です。初めての方にも簡単にできるということで多くの応募があり、皆さん楽しみに参加されました。
一番時間のかかる大量の薄焼き卵づくりはセンター長とセンターの活動スタッフで事前に根気よく作られましたので、お寿司を巻くことからスムーズに始められました。

講師はPLA(パルシステムライフアシスタント)の穴吹正子さんです。
パルシステムの安心食材で作ることの重要さを学び、お寿司の細やかな作り方の注意点を聞きました。
薄焼き卵の上にピンク(黒米小さじ1、米1合の割合)の酢飯・紅生姜は端の方まで万遍なく散らすこと、花の中心になる卵の最初はかたくしっかり巻くこと、酢飯は温かい方が具材が混ぜやすいこと、ご飯はふんわり巻く方がおいしいこと、野沢菜はきつく絞り緑の葉を活かし端の方までおくことで端まで無駄なく食べられる、切る時はぬれ布巾で1回ずつ包丁をふき取りながら切り分けるとよいことなど、丁寧に教えて頂きました。

 
(バラの花寿司の材料)1本分
すし飯 白250g、ピンク80g
海苔  全形…1枚、4分の1…1枚、6分の1…1枚
薄焼き卵 2枚(卵3個、砂糖小さじ2、塩ひとつまみ)
野沢菜 3本(または、茹でたほうれん草2~3株)
刻み紅生姜 25~30g(幼児は人参などもよい)

どのテーブルも全員華やかなバラの花寿司の完成。
こんにゃくの白和えともずくのスープを添えて頂きます。デザートにフローズンヨーグルトも頂いて、皆さん大満足でした。

アンケートでも「簡単に上手に巻けたので家でぜひ作ってみたい」「添加物のことを考え安心できる食材を利用したい」など好評でした。

▲先生の周りに集まって講習の始まりです。奥できれいな薄焼き卵がどんどんできあがっています。
▲花びらはピンクの酢飯と紅生姜を不規則に散らすのがコツ。この美しい色は赤紫蘇の自然な紅色。
▲3本菜箸で窪みをつけて野沢菜を置き、中央に花を置く位置を熱心に聞き取ります。
▲美しい花寿司の出来上がり。                       
▲皆さん上手においしく出来ました。
▲講師の穴吹正子さんの丁寧で分かりやすい説明で皆さん笑顔。有難うございました。

イベント概要

開催日程
2月21日(木)
10:00~12:30
会場
蘇我コミュニティセンター2F 調理実習室
会場住所
千葉市中央区今井1-14-3
アクセス
JR「蘇我」駅徒歩4分
参加費
無料
申込み〆切日
1月18日(金)15:00
※応募多数の場合は抽選になります。
※当選の方には、1月21日(月)~1月25日(金)配送時案内状をお届けします。
お問合せ
TEL:0120-866-918
(月~金 9:30~15:00)
FAX:043-292-4444
メール:
chiba-kumikatsu@pal.or.jp
/千葉センター
お申し込みの際は下記をお知らせください。
①行事名
②開催日
③参加者全員の名前(子どもは年齢も)
④組合員番号
⑤配達コース
⑥電話番号
⑦保育のお子さんの「お名前」「行事開催日の月齢」
情報掲載日:2019年1月7日

バラの花の絵柄の巻き寿司を作りましょう。

コツを覚えて、おひな祭りや春のお出かけにいかがですか?

———————————————————————————————

調理・試食(予定)

・バラの花寿司

・汁物

・お漬物 

■ 講 師:穴吹正子さん 管理栄養士・PLA(パルシステムライフアシスタント) 

■保育 あり おひとり500円(チーパス提示で200円)

■ 持ち物 筆記用具・エプロン・三角巾・ふきん2枚・しゃもじ・まきす・箸

———————————————————————————————

 <開催地MAP>