開催イベントのご紹介

イベント概要

開催日程
2023年2月18日
11:00 〜 17:00
会場
市川市文学ミュージアム
グリーンスタジオ
会場住所
市川市鬼高1-1-4
アクセス
JR総武線「本八幡」または「下総中山」駅より徒歩15分
京成線「鬼越」駅より徒歩10分
※JR総武線「本八幡」~ニッケコルトンプラザ間の無料シャトルバスも利用できます。
参加費
無料 定員:130名
申込み〆切日
2月3日(金)
お問合せ
TEL:04-7197-3040
メール:
contact@npo-scc.or.jp
NPO支援センターちば
いますぐ申し込む
情報掲載日:2023年1月9日

福島原発事故を巡り何が起きているのか?
水俣と共通する、被害者を沈黙させる構造とは?

福島原発事故からまもなく12年。原発事故後、甲状腺がんとなった福島県内の男女7人が、自分の病気は放射線による被曝の影響であるとして、東京電力を訴える裁判を起こしました。立ち上がったのは事故当時16歳から6歳の子どもです。しかし、政府や福島県は、原発事故による健康被害を認めていません。声をあげた原告も交え、ともに考えます。

午前の部 11:00~13:00
映画『MINAMATA-ミナマタ-』上映会

伝説の写真家ユージン・スミスの瞳とカメラを通して映し出されたのは、日本四大公害の1つ「水俣病」。ニューヨークで荒んだ生活を送っていた彼が、情熱的な日本人通訳者アイリーンに撮影を頼まれたことから物語は始まります。環境被害に対する警告、人間の命の輝きと美しい絆を焼き付けた作品です。

出演:ジョニー・デップ、真田広之
   國村隼、美波 他
音楽:坂本龍一
第70回ベルリン国際映画祭 招待作品

©2020 MINAMATA FILM LLC ©Larry Horricks

午後の部 14:00~17:00
講演会・パネルディスカッション・活動報告

●講演 福島原発事故と甲状腺がん裁判

井戸 謙一氏
 (弁護士/311子ども甲状腺がん裁判弁護団長)

●パネルディスカッション
福島原発事故を巡り何が起きているのか?
 ~被害者を沈黙させる構造と抵抗~

井戸 謙一弁護士
アイリーン・美緒子・スミスさん
 (グリーン・アクション代表)
311子ども甲状腺がん裁判の原告

コーディネーター:白石草
   (OurPlanet-TV)

 

 

●活動報告  エナガの会


※午後の部は、オンライン視聴もできます。
 ⇒ 申込フォーム(オンライン専用)

※フォーラムの詳細はチラシをご覧ください。⇒ チラシはこちら