開催イベントのご紹介

イベント概要

開催日程
6月8日(土)13:00~15:00(12:30開場)
講演13:00~、ディスカッション14:00~
会場
パルひろば☆ちば
会場住所
千葉市中央区新町18-10
千葉第一生命ビルディング1F
アクセス
JR・京成「千葉」駅徒歩5分
参加費
無料
申込み〆切日
6月4日(火)
お問合せ
TEL:047-420-2605
FAX:047-420-2400 
メール:
palhiroba-chiba@pal.or.jp
/組合員・コミュニティ活動推進部
情報掲載日:2019年5月9日

「存在する限りは使われる」 ノーモアヒロシマ、ノーモアナガサキ

 2019年、世界で保有されている核弾頭は14,450発。一発でも発射されれば、人類に百年以上も続く健康被害と苦しみをもたらすといわれています。北朝鮮の核実験とミサイル発射、また米国とロシアが結んでいた中距離核戦力全廃条約を米国が破棄するなど、核の脅威は身近なこととして迫っています。

被爆国日本では、1945年のうちに広島では14万人、長崎では7万人の方が亡くなりました。世界でも原水爆実験などにより、今なお続く被害の苦しみが訴えられています。

およそ50年前(1970年)、NPT・核兵器の不拡散に関する条約が発効し、核軍縮の軸となってきました。しかし、核兵器の削減は進まず、2017年7月、国連で「核兵器禁止条約」が採択されました。核兵器の開発、実験、製造、備蓄、移譲、威嚇としての使用のすべてを禁止し、最終的に廃絶することとしています。広島の被爆者、サーロー節子さんは「核兵器のおわりのはじまりにしよう」と訴えています。

———————————————————————————————-

核兵器のない世界をめざしていっしょに学び話しましょう

◆日時:6月8日(土)13:00~15:00(12:30開場)
 講演13:00~、ディスカッション14:00~

◆会場:パルひろば☆ちば
(千葉市中央区新町18-10千葉第一生命ビルディング1F)

◆内容
<講師>
広瀬 訓(ひろせ さとし)さん
 /長崎大学核兵器廃絶研究センター・副センター長

永江早紀さん、高見すなおさん
 /ナガサキ・ユース代表団第7期生

◆参加費:無料

◆〆切:6月4日(火)

平和活動サポーターを募集します

 世界中の人が平和なくらしを送れる、人の安全が保障される社会を実現しましょう。核兵器禁止条約早期締結を求める署名を呼びかけるサポーターです。お気軽にお問い合わせください

 ・6月8日(土)の学習とディスカッション(左記)に参加します。
・署名を呼びかける5分間スピーチをつくります。
・7月末からパルシステムのつどいなどで組合員に署名を呼びかけます。

 ・〆切:6月4日(火)

———————————————————————————————-

<開催地MAP>