イベントレポート

イベントレポート

2019/10/24レポート公開

開催日:9月17日(火)
イベントレポートサポーター:五十嵐 ケイ子さん

❝果実のかがやき❞というネーミングに興味をそそられ、「どんな感じかしら」という気持ちで、会場に着きました。
センタースタッフの方の開始挨拶の後、ジャムのメーカー「デイリーフーズ(DFC)」の方よりジャムの説明を受けました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・いちごジャム…糖度:39度、果実含有率:70%、産地:福岡、宮城、茨城、プレザーブスタイル(※)
甘夏マーマレード…糖度:45度、果皮:23%、果汁49.8%、産地:愛媛
・ブルーベリージャム…糖度:45度、果実含有率:54.4%、産地:カナダ
・りんごジャム…糖度:39度、果実含有率:75%、産地:長野、青森、プレザーブスタイル
・フルーツソース白桃…糖度:30度、果実含有率:70%、国産、プレザーブスタイル
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※プレザーブ…果実の形が残った状態のジャム。

ここで、デイリーフーズの方が「ジャムはシャバシャバの状態でつくる」と説明があり、自家製のブルーベリーで長年作ってきましたが、いまいちうまく出来なかったのは、水分と糖分のバランスが適切でなかったことに思いあたりました。
ジャム作りは奥が深いものと強く感じました。     

 

次にデイリーフーズの製法の説明です。 
「DFCジュール製法®」…材料に電流を流すことで内部を発熱させ、材料自体が過熱加工される、デイリーフーズオリジナルの製造方法。
<特徴>
1.短時間で加熱ができるため、煮崩れがしづらく果肉感を活かしたジャムになる。
2.加熱による色調劣化が少ないため、きれいな果実の色が残る。
3.加熱し過ぎないことで、果物のフレッシュ感が生かせる。
4.熱ダメージによる栄養成分の損失が少なくてすむ。
5.従来の1/10程度の時間で殺菌消毒がおこなわれている。

最初にそれぞれのジャムそのものを試食しました。ジャムはどれも甘過ぎず果実の味が活かされていて、白桃フルーツソースはヨーグルトに合いそうな、上品な味でした。

   

次はお楽しみの調理実習。メニューと簡単な作り方を紹介します
・豚肉の生姜焼き(甘夏マーマレード風味)
 豚肉に塩、こしょうし、醤油、酒、水、生姜汁、マーマレード30gで味付。風味もしょうがの香りもよく、マーマレードのおかげで味に深みがでてさわやかな味に仕上がりました。

・たまごサラダと甘夏マーマレードの一口サンド
 ゆで卵にマヨネーズ、塩こしょう、レモン汁 甘夏マーマレード20gを混ぜ、マーマレードを薄く塗った食パンにはさみました。
 ソフトな味わいに仕上がりました。さっぱりしていて、ジャムとの相性がいいようです。

・アボカドとトマトのりんごジャムサラダ
 角切りにしたアボカド・トマト・きゅうりに、マヨネーズ・塩こしょう・りんごジャム35gを和える、簡単で華やかなサラダです。 

以上楽しい試食でした。

おいしく食べられるのは、開封して1週間位とのこと。
炒め物に少しジャムを加えてみるなど、料理にも使って、おいしいうちに食べきりたいですね。
ジャムに使われているリユースびんは、回収後かなりの回数使用できるとの事。
配達の際に返却するよう、心がけたいと思います。

皆さんの感想も「ジャムを加えるだけで、こんなに簡単においしくなるなら、もっと料理にも使いたい」という感想が多く寄せられていました。
中には、梅、ブルーベリー、ブラックベリー、いちご、ルバーブ等、ジャム作りをご自身で楽しんでいる方もいらっしゃいました。 

市販の安価なジャムの中には、果実の含有量が半分から、1/4程度で売られているものもあるそうです。
また、外国産果実を使ったジャムは果実含有量が多いほど農薬の危険がある場合も。
同じジャムでもメーカーや製法によって果実含有量が違うなど、違いがあることを理解しました。
賢く学び選びたいと思います。

今後パルシステムのジャムをぜひ使いたい、と実感した学習会でした。

▲パルシステムPBジャムはなんと1984年に誕生!歴史をデイリーフーズさんが楽しく語ってくれます。
▲パルシステムで扱っているデイリーフーズのジャムやソース。どれも素材の味を活かしたものばかり。
▲まずはジャムそのものを試食。果実本来の味わいがして、これだけでおいしい!
▲皆さんで調理。マーマレードと卵サラダの相性はバツグンでした!
▲試食品の完成!どのおかずもジャムを使っているんです。
▲メーカーの方といっしょに、楽しい試食タイム。おいしい食事と和やかな雰囲気に話も弾みます。

イベント概要

開催日程
2019年9月17日
会場
茂原市総合市民センター
料理実習室
会場住所
茂原市町保13-20
アクセス
「茂原」駅東口徒歩5分
参加費
無料
申込み〆切日
8月30日(金)15:00
申込み多数の場合抽選。おひとりでも参加できます(子どもは保護者同伴)。当選の方にのみ、9月4日(水)までに、メール・電話でご連絡後、ご案内を送付します。◎定員に満たない場合は追加募集します。
お問合せ
TEL:0120-867-518
(月~金 9:00~15:00)
FAX:0475-53-6102
メール:
togane-kumikatsu@pal.or.jp
/東金センター
お申込みの際は
①参加希望の行事名
②開催日
③参加者全員の氏名(お子様は年齢・学年も)
④組合員番号
⑤配達コース
⑥連絡先電話番号 

保育希望の方は
⑦お子さんのお名前・行事開催時の月齢もお知らせください。
情報掲載日:2019年8月5日

パルシステムのジャムのこだわりと、美味しさのヒミツを教えていただきます。

パンに塗ったり、ヨーグルトに添えるだけじゃない、活用レシピの提案も!ジャムの世界が広がります。

試食(予定)

・アボカドとトマトとりんごジャムのサラダ

・豚肉の生姜焼き~甘夏マーマレード風味

・たまごサラダとマーマレードの一口サンド

———————————————————————————————–

◆講 師 デイリーフーズ東京販売(株)

◆募 集 20名

◆保 育 あり。おひとり500円(チーパス提示で200円)

◆持ち物 筆記用具、エプロン、三角巾、ふきん2枚、マイカップ

———————————————————————————————–

<開催地MAP>