イベントレポート

イベントレポート

2022/12/16レポート公開

師走の寒さの中でも日差しに恵まれた1日。香取市の《佐原農産物供給センター》で「まるごと佐原おやさい教室」の最終回を開催しました。
土を耕し、太陽熱殺菌のマルチ張りという『エコ・人参』の栽培準備から始まった「おやさい教室」。汗を流しながら夏の暑い日に種を蒔き、秋には間引きと草とりなど、家族で作業を続けてきました。そして最終日となる今回、いよいよ収穫を迎えました!

天気に恵まれ、絶好の収穫日和です

小さな種から、こんなに大きく生長しました

「今年のにんじんはとても生育が良いよ」という生産者の伊東さん・今泉さんの説明通り、畑には立派に育ったにんじんの青々とした葉が広がっていました。
土の下から次々と現れるにんじんに子どもたちの目が輝き、夢中で掘っていくと、中には曲がっているものや面白い形のものもありました。
自然の力でそのように成長したにんじんを、普段目にすることは多くありません。自分で収穫をするからこそできる体験になりました。
収穫したのは「アロマレッド」、「ひとみ五寸」のほか、紫、白、黄色のカラフルにんじん。今夜はにんじんの食べ比べをしてみるというお宅もありました。自分で掘ったにんじんはひときわおいしいことでしょう。

「まるごと佐原おやさい教室」は来年も開催します。感動や収穫の喜びに出会える産直交流に、皆さんのご参加をお待ちしています。

初めてのにんじん抜き体験
生産者から「にんじんづくりがんばったで賞」の授与
面白い形のにんじん見つけたよ
珍しいカラフルにんじん

イベント概要

開催日程
2022年12月3日
会場
佐原農産物供給センター
※現地集合・解散
会場住所
香取市九美上12-151
参加費
(開催ごとに)
中学生以上   :2,000 円
子ども3才以上:1,200 円
※商品代金と一緒に引き落とし
申込み〆切日
6 月19 日(日)24:00
お問合せ
TEL:047-420-2605
メール:
palchiba-kikaku@pal.or.jp 
組合員・産直・コミュニティ活動推進部
情報掲載日:2022年12月16日

香取市にあるパルシステムの産直産地、佐原農産物供給センターを訪れ7月~12月の全4回、農作業を体験します。広い空の下で、季節の移ろいを肌で感じながら農作業をしてみませんか。

農薬や化学肥料に頼らない土づくり、種まき・間引きなど、実際に土に触れながら、野菜が家に届くまでには多くの作業があることを身体で理解します。汗を流して収穫するからこそ得られる感動やよろこびを、みんなで味わいましょう。

◆日時

①7月2日(土)畑の土づくり 

②8月6日(土)種まき  ※午後開催

③10月1日(土)間引き

④12月3日(土)にんじん収穫

      ①③④10:00~12:30/➁14:00~16:30

  ※感染拡大防止の観点から飲食物の提供はありません。
  ※昼食の時間は設けておりません。

◆定員:10世帯
定員を超えた場合は抽選。
応募いただいた方全員に6月23日(木)までに当落結果をお知らせします。

◆参加費
中学生以上2,000 円/子ども3才以上1,200 円

新型コロナウイルス感染状況により、オンライン企画に変更する場合があります。その際は代金が変更になるため、開催ごとの引き落としとなります。

産直・農体験交流の開催にあたっては「三密回避」「感染拡大防止」を最大限に考慮した上で実施いたします。

今後の状況を考慮し、中止・変更となる可能性もございます。
ご参加の方はお手元に届く案内書を必ずご確認ください。