開催イベントのご紹介

イベント概要

開催日程
3月31日(火)
16:30~18:00
申込み〆切日
3月30日(月)
※事前申し込みが必要です。
情報掲載日:2020年3月27日

ヒバクシャ国際署名連絡会では、春休み緊急企画として、75年前に広島で被爆した被爆者の話を直接聞ける「オンライン被爆証言会」を行います。

主な対象は、中学、高校、大学生のみなさんです。新型コロナウイルスで長い春休みを過ごしてる生徒さん、学生さん、ぜひご参加ください!
(生徒・学生対象のため、今回は大人のみの視聴はご遠慮ください)

企画の背景

ヒバクシャ国際署名連絡会では、ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名を進めてまいりました。

来月下旬からニューヨークで開催される予定でした核不拡散条約(NPT)再検討会議に合わせて、ヒバクシャ国際署名の提出を準備していましたが、新型コロナウイルスの影響により、NPT再検討会議は延期になる見通しとなってしまいました。事態の収束の目処は立っておらず、日本国内でもイベントの自粛が継続して行われています。

しかし今年は被爆75年という重要な年です。被爆者たちの証言を聞く機会はますます少なくなっていきます。被爆者のみなさんと活動は是非前に進めたい。そこでこの度、「オンライン被爆証言会」をスタートさせることとしました。

今回はとりわけ、全国一斉休校により長い春休みを過ごされている中高生、大学生を主な対象にして、証言会を行います。

——————————————————————————————————————————

◆日時:2020年3月31日(火)16:30~18:00

◆証言者:濱住治郎さん(広島出身、母親の胎内で被爆。日本被団協事務局次長)

◆視聴ツール:Zoom
 ※事前にPCまたスマホにアプリのダウンロードをお願いします

◆〆切:3月30日(月)
 ※事前申込みが必要です。コチラよりお申込みください。

——————————————————————————————————————————