イベントレポート

イベントレポート

2021/10/18レポート公開

9月7日、千葉県君津市の鶏卵産地「(株)菜の花エッグ」の公開確認会をオンラインで開催しました。「公開確認会」は、産直産地の農畜産物の栽培・生産方法や安全性への取り組みを、組合員が直接確認するパルシステム独自の取り組みです。

菜の花エッグはパルシステム「産直たまご(白玉)」の生産地のひとつ。房総半島のほぼ真ん中に位置し、お水のおいしい地域にあります。成鶏17万羽を育成し、たまごの生産からパッキング、配送までを行っています。

今回は監査品目は「産直たまご(白玉)」とし、組合員、生消協の鶏卵部会の生産者、生協役職員など総勢85名の参加者がありました。

「菜の花エッグ」が大切にしているのは「Ready to Enjoy!」。“もの”を売るだけでなく、たまごを通して、様々な「楽しさ」を提供することに取り組んでいます。また、パルシステムだけではなく地域とのコミュニケーションも大事にして「千産千消(地産地消)」に取り組んでいます。

一般の人は入ることができない鶏舎の中やパックセンターでたまごがパックされる様子など、菜の花エッグの梅原代表が動画を使ってとてもわかりやすく説明されていました。

用意していただいた「採卵農場見取り図」を見ながら、飼料や人、たまご、鶏糞から堆肥加工までの流れを確認しました

おいしい産直たまごに必要なもの=「よい鶏」「よいエサ」「よい管理」

病気に強い鶏の飼育のため、効率的なワクチン接種プログラムが組まれていました。ワクチンを接種するのは菜の花エッグに来る前のヒナの時だけです。鶏舎はセミウィンドレス鶏舎で、自然環境に近い風と光が入ります。ストレスも少なく健康状態の保たれた「よい鶏」が育ちます。

エサは原材料が明確なオリジナルの配合飼料で、NON-GMO(遺伝子組換えでない)、PHF(収穫後農薬不使用)のコーンが使われています。最新の家畜栄養学をもとに配合され、さらに与える鶏の成長に合わせて配合を変えていました。「よいエサ」は鶏を強く健康にします。

鶏糞はベルトコンベアで回収され、移動中に乾燥させ堆肥になります。鶏舎は外から虫や鳥が入れないように網が張られており、飼育員が入る時も、長靴を履き替えたり、消毒をしたり、余計なものを持ち込まないように毎回チェックを徹底していました。サルモネラ菌の検査やネズミ駆除など徹底した品質検査体制による生産履歴で「よい管理」がされていることを確認できました。

手間と愛情をかけて届けられる「産直たまご(白玉)」

産卵されたたまごはベルトコンベアでパックセンターに運ばれ、集卵・洗卵・割れたまごの選別・紫外線殺菌・透光検査・異常卵検卵などの工程を経てパック詰めされます。ここではじかれたB級卵は液卵加工業者に出荷します。

また、定期的に行われる卵質検査で、重量・殻の厚さ・サルモネラ検査などチェックしています。さらに、私たちに届けられる産直たまごは環境負荷の低い「モウルドパック(再生紙)」が使用され、賞味期限と包装日が記載してあります。

これだけの手間と愛情をかけて自宅に届いている「産直たまご」は、加工品にも使われています。「産直たまごのふわふわスープ」「産直たまごのたまご豆腐」「産直たまごと牛乳のマフィン」など、カタログで探してみてください。たまごを産まなくなった鶏も「産直丸鶏ガラスープ」として最後まで活用されています。

台風被害を乗り越えて

菜の花エッグは2019年の台風被害で鶏舎が壊れ、鶏も2万羽が犠牲になりました。長い停電により手作業でやるしかなかった水やエサやりは重労働でしたが、それを支えてくれたのは一緒に働く従業員さんでした。

暑さにやられ弱っていく鶏たちは、それでも毎日たまごを産みます。パックセンターも停電で動かない中、手を貸してくれた同じ鶏卵産地の生産者もいました。

くじけそうになったところをたくさんの人からの信頼と応援、仲間の支えがあって復興できたとのこと。今では鶏舎も新しく建てられ、「産直たまご(白玉)」の出荷も順調に伸びているそうです。

公開確認会に参加した組合員からの感想です。
・普段何気なく食べていたたまごがこれだけの企業努力のたまものだと知り感謝します
・今回確認した様々な取り組みを組合員に伝えていきたい
・菜の花エッグのいろいろな取り組みは素晴らしいと思います。消費者としてもっと生産者の立場を理解し、一緒に行動していきたいと思います。
・・・・・・・ますます菜の花エッグのファンになったようです。

「産直たまご(白玉)」の生産地は、現在5つあります。今週はどの産地からか確かめるのも楽しみです。何よりたまごは栄養価が高く、応用範囲の広い食品です。たくさん食べて産地を応援しましょう。

産地を知って、食べて応援!これからも「産直たまご」をよろしくお願いします!

産みたての産直たまごを持つ梅原代表

イベント概要

開催日程
2021年9月7日
会場
※このイベントはオンライン企画です。
情報掲載日:2021年10月19日