イベントレポート

イベントレポート

2021/04/06レポート公開

昨年12月に開催した「食の安全学習会」の第2弾として「商品表示編」を開催しました。103名の申込みがあり、たくさんの組合員が食の安全に興味があることがうかがえました。第1弾に引き続き、講師はパルシステム連合会 高橋宏通 常務執行役員です。パルシステムが薦める「ほんもの実感!」くらしづくりアクションである、【商品を「選ぶ」ことでよりよい社会づくりをめざす】ために必要な基本知識を教えてもらいました。

 マークひとつに込められた意味

パルシステムのカタログに掲載されている、いろいろなマークをきちんと見たことがありますか?それぞれのマークの説明はカタログの裏に記載されているので、一度じっくり読んでみてください。マークがたくさんついている商品は、それだけこだわりの強い商品です。マークひとつひとつに生産者・メーカーの努力が詰まっているのです。このマークは、選択するために必要な情報や、パルシステムの取り組みを表現しているのです。

たとえば産直青果・米には、「農薬削減プログラム」に取り組み独自基準で設定した「コア・フード」「エコ・チャレンジ」マークの表記があります。パルシステムは持続可能な環境保全型農業をめざし、人体や環境への影響が大きい化学合成農薬を避け、化学肥料の削減を通して健康な土づくりを進めています。マークのないものでさえ、環境への配慮に努めている産直産地の青果です。

それに対し、畜産には表示がありません。パルシステムでは資源を循環させ自給できる畜産である「日本型畜産」をめざしています。産地ではストレスを与えずに薬剤に頼らない飼育を実践し、産地から流通までを一括管理しています。また、資源循環や飼料の自給化も進めています。表示はなくても安心して食べていただける商品です。一方、安価なものには理由があります。成長促進剤を使い、病気予防は薬剤に頼り、密飼いして生産効率をあげる方法もあるのです。パルシステムが畜産産地を選ぶ基準は、表示はなくても、生産の実態が見えるかどうかを重視しています。

 実際に商品表示を確認してみると

今回は試食サンプル品としてパルシステム千葉組合員による開発商品「は~い、さばみそ(缶)」と、パルシステムオリジナルブランド「国産米のおせんべい」を事前に参加者にお届けし、講義を聞きながら商品表示を確認してもらいました。実物を送付しての学習会は、「実際の表示が見やすく記載されていることに気づきました」「わかりやすい」「すぐに試すことができる」「こだわりを知って食べておいしかったのでまた買います」と好評の声を多くいただきました。

講義後の質疑応答でもたくさんの質問がありました。「【国産小麦使用】と【国産小麦100%】の違いは?」「【加工でんぷん】とは何ですか?」「【アミノ酸】の働きは?」皆さんが食の安全について気になっていることはたくさんあるのですね。

時間の限りお答えいただきましたが、まだまだ気になることはあるようです。遺伝子組換え食品・ゲノム編集食品等について、不安に思っていることも分かりました。パルシステム千葉では今後も「食の安全学習会」を開催する予定です。詳細が決まりましたら、ぱるのおと・ホームページでご案内いたします。

 

※講義中に流した動画がパルシステム公式YouTubeにアップされています。ぜひご覧ください。

産地指定の生乳100% 『こんせんプレーンヨーグルト』

本物の味を求めて『産直野菜で作った糖しぼり大根』

生協パルシステム公式チャンネル

 

 

イベント概要

開催日程
2021年3月22日
会場
※この企画はオンラインイベントです。
参加費
無料
(試食サンプル品送付します)
申込み〆切日
3月15日( 月)17:00
お問合せ
TEL:047-420-2605 
メール:palchiba-kikaku@pal.or.jp
/産直交流課
情報掲載日:2021年2月10日

昨年12月に開催した食の安全学習会の第2弾。

第一弾は初級編として幅広いお話を聞きました。「食」と「くらし」を取り巻く環境について、たくさんの気づきがあり、好評をいただいた学習会となりました。

今回は食品パッケージについている表示をテーマに開催します。私たちが食品を購入する際、安全性や商品選択の指標となる商品表示。パッケージには様々な情報が詰まっています。「どこを見れば何がわかる?」「ゲノム編集食品は表示されるの?」など、私たちが商品を選択する上で賢く選べるようになる表示の見方のポイントや、表示のきまりなどを知りましょう。

参加者には試食サンプル品をお送りします。知って、食べて、実感してください。

私たちのくらしに欠かせない食品。商品表示を知り、毎日食べるものについて正しい知識を持てるよう、学んでみませんか。

*****************************************
◆募 集:50名程度
◆内 容:
・商品表示の見方
・表示に関する法令
・パルシステムの表示の考え方・商品づくりなど
◆講 師:パルシステム連合会 高橋宏通 常務執行役員
*****************************************

◎「Zoom」(オンライン会議ツール)を使用した学習会です。
◎ご参加にはパソコン(カメラ付)、またはタブレット、スマートフォンが必要です。
◎〆切から1週間以内に、当日使用する資料を全員に郵送します。