なるほど!理事

理事の主な役割は組合員の想いを実現するために、組合員の総意で承認された方針や計画にそって、業務がすすめられているか、進捗状況を点検、改善することです。

例えば、「定例理事会」に出席し、事業・活動などの具体的な計画を立て、推進していくこともそのひとつです。その他にもさまざまな機関会議や委員会に出席したり、くらしトーク・トークの運営、産地やメーカーなどの視察、課題にかかわる学習会への参加や運営など、幅広く活動しています。

理事はどんな人がなっているの?

理事会の構成は、下記のように全体区と地方区があり、組合員から選ばれた理事は「くらしの視点を持つ理事」として日々変化する社会情勢を組合員目線で考え、その想いを方針や活動に反映させています。
※「くらしの視点を持つ理事」が全理事の過半数となるよう運用しています。

「くらしの視点を持つ理事」の役割とは

1.くらしの視点、組合員の視点をもって理事会に出席し意見を述べ、決定に参画します。

2.担当する諸会議に出席し、くらし課題解決の活動を推進、支援します。

3.総代会、理事会の決定に基づき、職務を遂行します。

主な活動内容(一部)

●総代会、理事会、基幹会議や担当する委員会に出席

●くらしトーク・トーク(年3回)などの運営

●議題に係る学習会の運営、参加

●産地・メーカーなどの視察、渉外等

※2020年度は新型コロナウイルスの影響により、オンラインの活動が中心となりました。
くらしトーク・トークの運営(会場開催)(右:江尻 康代理事)
くらしトーク・トークの運営(オンライン)(佐藤 尚子理事)
学生への食糧支援(右:佐藤 尚子理事)
フードドライブ食料の仕分け作業(左:髙橋 由美子理事)