ニュース

プレスリリース

2015/07/02
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(以下、パルシステム千葉)では、市民のくらしに大きな影響を及ぼすことが想定される環太平洋パートナーシップ協定(以降TPP)に関する学習会を開催致します。

 

 自由貿易最優先でくらしに関わるさまざまなことが変えられようとするTPP。秘密交渉のため中身が見えない問題を「TPP違憲訴訟の会」原告弁護士の一人和田聖仁さんにわかりやすく解説していただきます。

 

今回の学習会は、組合員の声を受けて企画しました。組合員及び役職員対象に開催します。

 

 

概  要

 日 時
 会 場

◆7月6日(月)13時30分~16時

◆船橋市中央公民館4階 視聴覚室 (JR船橋駅 徒歩7~8分)

  千葉県船橋市本町2丁目2-5/電話:047-434-5551

 講  師

麹町市民法律事務所 弁護士 和田 聖仁さん

 内  容

そもそもTPPとは、TPP協議内容、食とくらしへの影響について等

 主   催

生活協同組合パルシステム千葉

 

※農と食をつなぐ産直に長年取り組んできたパルシステムでは、TPPは食の安全性確保や国内農林水産業など、くらしや地域社会全体が崩壊する可能性が高いと考え、交渉参加に反対してきました。2012年には「TPPへの参加に反対し、日本の『農林水産業』の再生を求める署名」を呼びかけ、5万5,948筆 を内閣総理大臣へ提出。2013年度にはTPP協定への参加に反対する意見を提出しています。2014年度にパルシステムは「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」呼びかけ人になっています。

 

*この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます*

生活協同組合パルシステム千葉 企画・広報部

TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400