「障がいのある方々が自分の力を発揮し、たくましく生きていく力を身につけられるように支援することを目的として、共に働いています 」

 

 

理事長 平林計重さん(左)
副理事長 田中敏明(右)

団体のご紹介

活動を始められたきっかけは?

教師として長年特別支援教育に携わってきた私たちは、障がいがあることが、就労を困難にし、生活圏を狭め、人と触れ合う機会をうばってしまうという現実に、心を傷めてきました。定年退職を機に、特別支援学級の教員数名が親の会とも協力して、障がい者の就労体験と就労支援を目的とし、千葉公園ボートハウス併設の軽食喫茶『カフェ・ハーモニー』を開業しました。その後もこのカフェで使う野菜を栽培するハーモニー農園を作るなど、活動の場を少しずつ広げてきました。人と人とのつながり、教師間のネットワークにより、当初から多くの協力が得られ、これまでの活動の支えとなっています。

 

主な活動は?

通所による就労や生産活動の場を提供し、一般就労に必要な知識と能力向上のための訓練や支援を行っています。
主な活動場所は、接客訓練などを行うカフェや売店、野菜を作る農園、クラフトテープの小物入れや、アクリルたわしなどの手芸品制作をする作業所です。それぞれの仕事を障がい者、スタッフ、親が交替で担っています。仕事の自己目標を定めることで、本人のやる気を引き出し、日々の充実感を感じてもらえるように工夫しています。障がい者とボランティアが共に働き、その働きに応じて利益を分配することで、一般の事業所より高い工賃を実現することができています。

春は桜やボタン、初夏は大賀ハス、秋は紅葉と四季折々の自然に恵まれた千葉公園は『カフェ・ハーモニー』開店以降、訪れる人の流れができて、明るく開放的な公園になりました。

今年六月からは、障がいのある方の日中における活動の場を確保し、家族の就労支援や一時的な休息を目的とする日中一時支援サービスの提供を開始しました。

 

 今後の展望は?

新たな活動場所を作るなどして、体験できる職業種を増やし、より多くの人に利用してもらえるような態勢作りをこれからも進めていきたいと思っています。

 

カフェ・ハーモニー スタッフの皆さん
カフェ・ハーモニー スタッフの皆さん

DATA

2011年4月から任意団体として活動。

2014年NPO法人設立、就労継続支援B型事業所として認可。就労継続支援B型定員20名・日中一時支援事業定員5名。

住所:千葉県千葉市中央区弁天3-1

電話:080-4940-2525

E-mail:cafe-harmony@aka.gmobb.jp

HP:http://aka.gmobb.jp/cafe-harmony/

●「2015年度パルシステム千葉NPO助成基金」助成団体