パルグリーンファーム通信

2018/09/03

今年は人参の栽培を行うため、パルシステム千葉の職員と一緒に、じゃがいもを栽培した畑を整備し、太陽熱で土を消毒して、種まきをしました。

種まき後は芽が出るまで、しっかりと水やりを行います。発芽まで無事に生育させることができればまずは一安心です。この後は、熱処理した畑の外からやってくる虫の食害や、必要以上の長雨や大雨が心配です。

今年の夏は非常に暑かったですが、これから訪れる秋は穏やかな空模様になることを願います。

収穫した人参は、「とれたて便」でのお届けや、野田で開催する「生協まつり」での販売を予定しています。

※ 『太陽熱の消毒とは?』
写真(左)の様に畑をビニールのシートで覆うことで、真夏の太陽熱で土壌を消毒するものです。パルグリーンファームでは、ビニールハウスも含めて、この処理を行い、土壌の消毒剤や除草剤を使わない栽培を行っています。

      ▲畑の整備の様子
      ▲畑の整備の様子
       ▲熱処理の様子
       ▲熱処理の様子

◇◇◇ 新米ファーマーの野菜をたくさん食べられるレシピ集 ◇◇◇

~  チンゲン菜とウィンナーの炒め物  ~

 

★材料・・・ チンゲン菜2株、ウィンナー1袋、しめじ1株、マヨネーズ大さじ1、しょう油大さじ1、塩こしょう少々 

★レシピ:

①  チンゲン菜を洗って、2cm程度に切る。 

②  ウィンナー、しめじは一口大に切る。

③  フライパンにマヨネーズを入れ、ウィンナーを炒める。

④  ③にチンゲン菜と、しめじを入れて炒める。

⑤  しょう油、塩こしょうで味を調えたら完成。