パルグリーンファーム通信

2018/04/09

前回お伝えした「なす、ピーマン」の育苗状況についてお伝えします。

育苗は2月に種をまくところから開始しました。
種をまいてから10日ほどで発芽して少しずつ大きくなっていきます。
発芽状態について、例年より揃いが悪く心配しましたが、無事に生育しているので一安心です。

写真は3月末に撮影したものですが、もう少し大きくなったら育苗トレーから育苗ポットに引っ越しをします。一株当たりの土の量を増やして、植付けられるサイズまで大きくしていきます。

昨年の3月は寒い日が続きましたが、今年は一時的に寒くなりつつも比較的暖かかったように感じます。

念のため、夜間は苗を温室にしまって管理しました。
3月中に2順目の育苗を考えていましたが、もう少し様子を見て4月に栽培を行います。

育苗だけに限りませんが、毎年同じように栽培させることの難しさを感じます。
記録の上では同条件でも生育状況が異なる場合が多々あり、頭を悩ませます。

農業は難しいと感じますが、立ち止まらず、どんどんチャレンジしていきたいです。

 

 

 

 

なすの苗
なすの苗
ピーマンの苗
ピーマンの苗

新米ファーマーの野菜をたくさん食べられるレシピ集

~チンゲン菜とベーコンの炒め物~

 

★材料・・チンゲン菜 2株、ベーコン 50g、ごま油 大さじ1、塩こしょう 少々、しょう油 少量

 

★レシピ:

① チンゲン菜を洗って、3㎝幅に切る。ベーコンは短冊切りにする。
② フライパンにごま油を敷いて、ベーコンを炒める。
③ チンゲン菜の芯の部分を②に加えて炒める。火が通ったら葉の部分を加えて、炒める。
④ チンゲン菜がしんなりしてきたら、塩こしょうをふり、しょう油を一回し。軽く炒めて完成!