ケア・アクシス「つれづれ日記」

2016/06/15

松戸市二十世紀が丘萩町にあります「萩町デイサービス」は一日、定員10名の少人数制デイサービスです。

 

日ごろより日常生活の延長として、ご利用者の皆さまに様々な役割を担っていただいていますが、その中のひとつ『庭の手入れ』も重要な作業です。

庭の手入れは①畑の管理、②芝生の管理、③落ち葉掃除、④草むしり、⑤庭木の剪定がメインとなります。

積極的に作業してくださる男性利用者さまの協力もあって、とてもはかどっています。特にこれからの時期は気温も上り雑草が勢いよく成長するため、重労働となりますが、いつもこころよく対応してくださり、本当に助かっています。

ひと仕事を終えたあと、一緒に飲む冷たい麦茶に思わず「最高だね!」と言葉が出ます。

 

萩町デイサービスは環境や雰囲気を含めて、「職員と利用者さまが共に作り上げているデイサービス」です。

 

これからもこの関係を大切に利用者さまはもちろん、職員にとっても居心地の良いデイサービスをめざしていきたいと思います。

 

 

▲萩町デイサービス 管理者:及川俊明
▲萩町デイサービス 管理者:及川俊明

介護アドバイス

 

  「腰痛予防・ボディメカ二クスとは」

 

ボディメカニクスとは、力学的原理を活用した介護技術のことです。介護者自身のボディメカ二クスを活用した介護は、最小の労力で疲労が少なく、腰痛防止にもつながります。

 

一例をご紹介します。

①重心を低くする:重心が低いほど体勢が安定します。

②本人にできる限り接近し介助する:より容易に介助ができるようになります。

③身体をねじらない:不自然に身体を曲げると不安定になり、腰痛の原因にもなります。

④腰を伸ばし膝の屈伸を利用する:脚の力を使うことにより腰の負担を少なくします。