パルグリーンファーム通信

2015/04/24

新たな年度がスタートしました!柏センター・野田センターでお届けしている『とれたて便』の受注数も増加し、より安定的で効率的な生産が求められるようになってきています。

 

その点では、いま中心的に行っているハウス栽培の効率的な収量確保が、安定生産のポイントだと考えています。ハウスの活用や栽培方式については、まだまだ模索する余地があり、いまも改良を重ねています。今年度はそれを確立していきたいと思っています。

 

一方で、今年度は敷地をフル活用して、少量多品の栽培にもチャレンジしていきたいと考えています。目的は、現在利用できていない敷地の活用にむけて、土質に合った作物を模索していくためです。土づくりと並行して行っていくので、輪番的に土地を活用していきたいと考えています。

 

ハウスの栽培を早期に確立し、露地活用に力を入れ、露地での収量をハウス栽培と合わせ確保していくことで、供給量を安定させ、昨年度以上に作物の幅を持たせたお届けを目指して取り組んでまいります!

 

露地用「なす」の育苗をスタートしました!
露地用「なす」の育苗をスタートしました!
露地栽培の活用予定地です!
露地栽培の活用予定地です!

新米ファーマーの野菜をたくさん食べられるレシピ集 

カブの葉っぱのチヂミ

★材料

カブの葉2株分、卵1個、しょう油大さじ1、塩小さじ/
米粉(または小麦粉)100g、ゴマ油大さじ1、水100ml

★手順

①カブの葉を1㎝程度に刻む。 ②卵、しょう油をボウルでよく混ぜ合わせる。 ③カブの葉っぱと、水と塩と米粉を②に入れよく混ぜる。 ④フライパンにごま油を熱し、③を焼く。 ⑤両面をよく焼いたら、完成!

※お好みでシュレッドチーズを混ぜて焼いてもおいしいです。