パルグリーンファーム通信

2015/03/09

今年度は『栽培したものを無駄にしない』という目標の下、猛然と走り続けた印象があります。昨年度に最も悩まされたアブラムシ被害 を、今年度はある程度抑えられるようになり、予想以上にハウスでの栽培が順調に進みました。それにより『とれたて便』の供給数を増やすことができ、より多 くの組合員の皆さまにパルグリーンファームの作物をお届けすることができるようになりました。

 ※写真:じゃがいも栽培スタート (2014年4月)

露地栽培の活用をスタートし、害虫被害に悩まされながらも出荷まで辿り着くことができました。露地栽培を行い栽培量が増えたことで、『とれたて便』を利用している方以外にも、のだ中根店や催し(生協まつり、センターまつりなど)での販売を通じて、パルグリーンファームの野菜を見て知っていただく機会を作ることができました。

次年度の目標!

一方、突風で出荷作業ハウスが破かれてしまった
り、ハウスでの病害虫の発生や、気温の低下による生育の遅れが発生するなど、改めて自然とどう向き合うかが肝心であることを深く感じた年度となりました。

『栽培したものを無駄にしない』という目標に関しては、虫の大発生により出荷できなかった『かぶ』が非常に心残りとなっています。この目標は今後も継続していくべき目標となります。様々な資源や時間、労力から生まれる野菜が無駄にならないように、安定した生産を目指して次年度も頑張っていきたいと思います!

パルグリーンファームふりかえり

ハウス突風被害(2014年4月)
ハウス突風被害(2014年4月)
露地を利用した栽培(2014年10月)
露地を利用した栽培(2014年10月)
秋に収穫した大根(2014年11月)
秋に収穫した大根(2014年11月)

新米ファーマーの野菜をたくさん食べられるレシピ集 

~チンゲン菜とキノコと卵の炒め物~

【材料】 
チンゲン菜1株、しめじ1株、卵1個、塩少々、ごま油大さじ1/、ラー油小さじ/

【作り方】

1.  チンゲン菜を5㎝幅に切る。しめじは石づきを落としてバラしておき、卵はといておく。

2.   フライパンにごま油を熱し、チンゲン菜の株元としめじを炒める。

3.   ②の火が通ったら、チンゲン菜の残り部分と卵を加える。

4.  卵が半熟になった頃に、塩とラー油を加え、全体にからめて完成!