パルグリーンファーム通信

2014/12/22

養生期間中の試行錯誤

夏場の養生期間中に、葉物野菜の試験栽培を行いました。真夏は発芽や生育の適温を越えたり、光量の多かったりで生育不良となりがちです。さらに病気が出やすかったり、すぐに土が乾いてしまったりという環境障害もあるため、夏場の葉物野菜の栽培は難しいと言われます。

現在、パルグリーンファームでは夏場の栽培を行っていませんが、将来的には上手に栽培を回すことで出荷休止期間を少しでも減らしていきたいと考えています。そのための試験栽培を今年行いました。

育苗に関しては、昨年(9月)は全くと言っていいほど発芽せず苦労しましたが、今年はほとんど発芽しました。しかし、最終的には生育不良となるものも出て、まだまだ試行錯誤の栽培が続きます。「品種だろうか?」「植えつける時間帯だろうか?「水分管理の問題だろうか…?」と、年に一度しかない真夏の時期に色々と思索にふけっています。

お届け再開とアブラムシとの戦い!

いよいよ9月3回から下期のお届けを再開します!そして、
秋に差し掛かり、登場してくるのがアブラムシです。アブラムシは春に発生して、夏の暑い時期はどこかに潜み、そして秋に再来します。

 前年に比べ、今年の春は被害を防ぐことができました。今年の秋も順調にしのぎきれるかが、今年最大のポイントです。アブラムシも含め、自然との戦いは尽きませんが、しっかりした作物をお届けできるよう頑張っていきたいと思います。

今月のパルグリーンファーム

(左)保冷庫ができ作業場の様子が変わりました(右)遮光ネットで夏の発芽が格段によくなりました
(左)保冷庫ができ作業場の様子が変わりました(右)遮光ネットで夏の発芽が格段によくなりました
種まき器で直播き作業が軽減しました
種まき器で直播き作業が軽減しました

新米ファーマーの野菜をたくさん食べられるレシピ集

〜空芯菜の炒め物〜

【材料】 

空芯菜1袋、ごま油小さじ2、にんにく1片、塩少々

 

【作り方】 

  1. 空芯菜を3㎝幅に切り、にんにくを薄く切る。 
  2. ごま油を弱火で熱して、にんにくを入れる。 
  3. にんにくの香りがしてきたら、強火にし空芯菜をさっと炒める。
  4. 塩で味付けして完成!