パルグリーンファーム通信

2014/12/22

畑の環境整備

秋を感じる頃となり、畑の様子も少しずつ変わり始めています。草花は種をつけ始め、セミに代わって、アゲハチョウやトンボの姿を見かけることが多くなりました。畑では露地作物の植付け、手入れを進めています。今年は比較的猛暑の収束も早く、心配していた根の活着や発芽も順調です。

おかげで畑の環境整備もスムーズに進んでいます。養生ビニールシートを取り去り、ハウスに掛けていた遮光シートをはがし、他にも畑に生えている夏草を刈ったり、露地作物が順当に生え揃ってきたりと、夏から秋へと畑の衣替えが進み、秋の景観が整ってきています。

畑全体の環境整備も含めた全てが『農業』

畑の環境整備は、これまで栽培がうまくいかず後に回してしまいがちでしたが、今は栽培進捗も予定通り進み、環境を整えられる余裕が出てきました。環境が整えば作業もはかどり、気持ちよく仕事ができます。

農業は『作物を栽培する』ことだと大きく捉えられていると思いますが、肥料を入れ、耕運し、水管理をして…といった生産面だけでなく、それを取り巻く畑全体の環境整備も含めた全てが『農業』であると、改めて実感しています。これまで良い野菜を作ることだけに目を向けがちでしたが、毎年の季節の移ろいの中で生産面だけでなく、畑環境の在り方について教えられています。   

今月のパルグリーンファーム

(左)8月末に植えつけた露地野菜。(手前から大根、サニーレタス)(右)8月末に植えつけた露地野菜。(手前からカブ、大根、人参)
(左)8月末に植えつけた露地野菜。(手前から大根、サニーレタス)(右)8月末に植えつけた露地野菜。(手前からカブ、大根、人参)
2週に一度の草刈で通路を確保しています
2週に一度の草刈で通路を確保しています

新米ファーマーの野菜をたくさん食べられるレシピ集

〜チンゲン菜の春雨サラダ〜

【材料】

チンゲン菜1株、春雨30g、ゴマ適量、調味料(しょうゆ:大さじ2、酢:大さじ2、砂糖:小さじ1、ごま油:小さじ1)

 

【作り方】

  1. 春雨をお湯で戻し、食べやすい長さに切る。
  2. チンゲン菜をゆでて食べやすい長さに切る。
  3. 調味料を合わせ、①、②を和える。
  4. ゴマを振りかけて完成!