パルグリーンファーム通信

2017/07/18

 

 はじめに、7月より開始した「パル・ファーマーズ」の取り組みについて、ご紹介します。

 2012年に直営農場「パルグリーンファーム」が設立されてから、組合員交流や職員研修を実施してきました。そして、2017年はパルシステム千葉で働く職員全員が「パルグリーンファームの生産者の一人」という意識を持って、農作業に携わろうと、「パル・ファーマーズ」をスタートしました。
 毎週末、各事業所より職員が集まり、年間を通じてパルグリーンファームで一緒に作業していきます!

◆7月2日(日)の活動報告……報告者:野田センター供給担当 阿部 亮◆

 初めて作業をしてみて、まず感じたことが予想以上にハードワークということです。普段、何気なく口にしているものが、どんな風に作られ、自分たちの食卓に並べられているかを知り、あらためて農業の大変さを実感しました。
 
 今日、作業した中で1番オススメしたい商品(作物)は“なす”です。
個人的に好きだというのもありますが、なすに触れそうな葉や枝を傷つかないようにカットする作業が楽しく、無心で黙々と作業できました!!
 
 色々な種類の野菜を1つ1つ丁寧に育てるのはとても大変ですが、大事に育てた、おいしく・鮮度のよい野菜を組合員に届けたい。また、エコ・チャレンジレベル以上で育てている安全・安心な野菜を食べていただきたいです。
 今後は、配達を通して“生産者の想い”を伝えていきます!

 

インゲン1本1本丁寧に収穫しています。生産者の苦労が身に染みました(汗)
インゲン1本1本丁寧に収穫しています。生産者の苦労が身に染みました(汗)
椎名農場長とチンゲン菜。                           ステキな笑顔!                                                                                                               
椎名農場長とチンゲン菜。                           ステキな笑顔!                                                                                                               
なすの手入れ、自然と笑顔がでます!左から椎名農場長・高科リーダー・阿部(自分)・藤森さん。
なすの手入れ、自然と笑顔がでます!左から椎名農場長・高科リーダー・阿部(自分)・藤森さん。