パルグリーンファーム通信

2017/08/21

◆7月30日(日)の活動報告◆

【報告者:印西センター 齋藤 一樹供給担当】

今回は、なすときゅうりの収穫と袋詰めや、大きくなり地面につきそうななすを紐で固定する作業やビニールハウス内の雑草取りを行いました。

一般的に農業という言葉を聞くと、どうしても作付けや収穫を連想しがちですが、作物はそんなに簡単に作れないということを改めて感じました。日々、何度も繰り返し作物の様子を確認することや、例えば苗を立たせるために結ぶ紐一つとっても、いくつもの結び方があること、それらすべてが日々の椎名農場長やスタッフの藤森さんの努力によってもたらされていると改めて知り、それらを私自信が組合員に伝えたいと思いました。

1日の作業を通して、農薬の使用を制限しているので、虫がついたら手ではらうなど、キズのないなすを作るための努力は並大抵のことではないと実感しました。

先日の配達で、組合員に「なすを楽しみに待っているよ」と言っていただいたときは、本当にうれしかったです。椎名農場長も「常にどうしたらよりよい野菜を組合員に届けられるか」を工夫し、努力をしていることが印象的でした。私の日々の業務は供給担当で、仕事の内容は違えど、自分もそのような気持ちを持ち続けようと思いました。

[before]みんなで手分けして雑草取り!
[before]みんなで手分けして雑草取り!
[after]先ほどの雑草が見事になくなりました!
[after]先ほどの雑草が見事になくなりました!
雑草を取って圃場も気持ちもスッキリ!
雑草を取って圃場も気持ちもスッキリ!
ナスを収穫しました!おいしそう!おいしいんです!
ナスを収穫しました!おいしそう!おいしいんです!