パルグリーンファーム通信

2017/08/15

◆7月22日(土)の活動報告◆

【報告者:稲毛センター 村上維俊供給担当】
4月に入協し、初めてパルグリーンファームに行き、作業に携わりました。
今回は、なすの収穫と袋詰め、トマトの苗の誘引などの手入れや雑草取りを行いました。
参加した阿部えい子副主任(総務部)、金子久志供給トレーナー(野田センター)を代表して、私が活動報告いたします。

最初にパルグリーンファームでどんな野菜を育てていて、どういう所に注意しながら育てているか説明を受け、なすの収穫と袋詰めを行いました。
日々、この広い圃場を少ないスタッフで作業していると知り、大変驚きました。その中でビニールハウスごとに野菜を育てる日を分け、毎回同じ量だけ供給できるよう調整している椎名農場長の管理方法や、欠品を出さないように供給したいという想いに、供給担当として商品を大切にお届けしようと改めて感じました。
農薬を使わないと育てるのが難しいとも言われている中で、農薬を使用しないで丁寧に愛情をかけて育てたパルグリーンファームの野菜を組合員の皆さんにも食べていただきたいです。
実際に様々な作業を通して、今後も野菜を作る過程に携わっていきたいと思いました。

 

きゅうり袋詰め!キズなどがないかチェックします。
きゅうり袋詰め!キズなどがないかチェックします。
なすの袋詰め!静電気がおきないように紙に包みます。
なすの袋詰め!静電気がおきないように紙に包みます。
トマトの軸と支柱を結ぶ。
トマトの軸と支柱を結ぶ。