ニュース

プレスリリース

2014/10/09
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉(通称:パルシステム千葉)は、野田市と「地域住民の異変情報提供に関する協定書」の締結を行いました。10月9日(木)に野田市役所において締結式が行われ、根本 崇市長より協定書が手渡されました。

根本市長からは、「行政だけでは手が及ばないところもあるので、気になることがあればどんな小さなことでもいいので、まずは市に報告して欲しい」と協定締結への期待が語られました。

パルシステム千葉は、定期的に商品を自宅までお届けする業務の特性を生かし、日常業務の中で「ポストに郵便物や新聞がたまったままになっている」「配達した商品がそのまま残っている」などの異変や、支援の必要性を感じた際に、市の窓口に状況を伝えるなどの役割を担います。

今後もこの取り組みを通じて、人々が安心して暮らせる地域づくりに寄与してまいります。

▲根本市長より、佐々木理事長に協定書が手渡されました。
▲根本市長より、佐々木理事長に協定書が手渡されました。
▲野田市との協働事業で運行する、移動販売車「まごころ便」についても意見が交わされました。
▲野田市との協働事業で運行する、移動販売車「まごころ便」についても意見が交わされました。

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 広報部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス http://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:21.5万人(2013年度末)  総事業高:287.5億円(2013年度末)