子どもたち1人ひとりが興味や関心をもつ“遊び”を療育の中心に、真心をもって、子どもと家族に笑顔があふれる支援を。

団体のご紹介

●活動を始めたきっかけ

私たちの子どもに先天性の障がいがあり、子育てに奮闘する中で、さまざまな支援、社会福祉に出会いました。子どもを通して受けた多くの支援に感謝するとともに、知的障がい児童の受け入れ施設はまだまだ少ないという現状に、親の立場から「自分の子どもを託すならこんな施設がいい」という想いを実現したいと「放課後等デイサービス」の施設を開設しました。

 

●活動の内容について

各学校の終業時間に車で迎えに行き、一日10名までを定員として6歳〜18歳の子どもたちが利用しています。学校では集団活動をしながら学んでいるため、子どもたちは少なからず、ストレスがかかっています。ここでは、なるべくストレスを軽減し、安らいだ気持ちで家庭に帰れるように、自由な遊びを中心とした療育を行っています。

 

ソファでのんびりしたり、興味のある本や玩具を使ったり、天気の良い日は庭で身体を動かして遊ぶなど、子どもたちは思い思いに過ごしています。

 

その様子のお写真を連絡帳に貼り、保護者の方に施設での子どもの様子を知っていただき、家庭で過ごすひと時に活用していただければと思っています。毎月「まごころレター」を発行し、情報発信もしています。

 

また月に一回、ダンスセラピーを行ったり、プールを一面貸し切って、家族と一緒に体を動かしながら家族内のコミュニケーションを計ることができる企画などを実施しています。

 

●今後の展望は?

障がいのある子どもを持った家族の相談支援に力を入れたいと思っています。働いている時や病気の時、子どもたちが受けられる支援はあるのか、また将来、どういう方向へ進めばよいのかなど、家族が抱える不安は様々です。その不安を解消し、支援を利用するためのサポートをしていきたいと思っています。そのためのスペシャリスト、人材育成をしていかなければと思っています。

 

 

 

 

DATA

2013年10月1日、松葉町に開設。利用者の拡大とともに、2015年1月より千葉県立柏特別支援学校の近くに2つめの施設を開設。

〒277-0827 千葉県柏市松葉町3-22-7

〒277-0872 千葉県柏市十余二409-128

電話:04-7197-6068
FAX:04-7197-6069
mail:magokoro430@gmail.com

 

 ●「2015年度パルシステム千葉NPO助成基金」助成団体

 

理事長 阿部 仁孝さん(右)  阿部 葉子さん(左)
理事長 阿部 仁孝さん(右)  阿部 葉子さん(左)
ミラクルプールで水遊びの様子
ミラクルプールで水遊びの様子