ニュース

プレスリリース

2018/07/09
プレスリリース

生活協同組合パルシステム千葉は、地域の特別支援学校からの要請を受け、「東金センター」(東金市)および、直営農場「パルグリーンファーム」(野田市)において、支援学校に通う生徒の職場体験の受入を実施しました。


東金センターで受入を実施したのは、千葉県立東金特別支援学校に通う横濵歩哉さん・高校2年生。
6月11日(月)から22日(金)までの2週間、配送センターにて商品の仕分けや回収品の分別などを中心とした倉庫内および事務作業などを体験してもらいました。

 

横濵さんは毎朝9時に出勤。配送トラックが出発したあとの倉庫内を片付けるところから1日の作業がスタートします。
その後、翌日に配達する商品の仕分け作業を、スタッフと共に行います。作業が終わり次第、前日に回収したリサイクル品を種類ごとに分別する作業などを行い、日誌を書いて終了となります。


「一度説明するとすぐにこなしてくれて、とにかく真面目に作業にあたってくれるので助かります」と東金センターの松島大介センター長。この2週間でセンター内での横濵さんへの信頼も定着しました。

 

また、6月5日(火)~14日(木)にかけて、パルシステム千葉直営の農場「パルグリーンファーム」においても、県内の特別支援学校から、生徒の農場作業体験の受入を行うなど、地域の学校と連携し、かかわりを大切にしながら事業や活動に取り組んでいます。


パルシステム千葉では障がいのある人もない人も共に働く事業所「笑顔いっぱい!フレンドリーオフィス」として、千葉県より認定を受け、法定雇用率を上回る障がい者雇用を進めています。

 

「コミュニケーションを取りながらの 作業は楽しいです」と横濵さん
「コミュニケーションを取りながらの 作業は楽しいです」と横濵さん
「体を動かすことが好きなので 倉庫内の作業は自信があります」
「体を動かすことが好きなので 倉庫内の作業は自信があります」

この件についてのお問い合せは下記までお願い申し上げます

パルシステム千葉

 

生活協同組合パルシステム千葉 組織運営部
TEL 047-420-2605 / FAX 047-420-2400
ホームページアドレス http://www.palsystem-chiba.coop  / E-mail palchiba-hp@pal.or.jp
生活協同組合パルシステム千葉 千葉県船橋市本町2-1-1  船橋スクエア21 4階
理事長:佐々木 博子
組合員総数:23.9万人(2017年度末)  総事業高:301.1億円(2017年度末)